鯖缶@3rd&forever

2児(娘8歳、息子6歳)の父のエッセイブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターあるあるなど。

スポンサーリンク

マンガ、サブカル

「闇金ウシジマくん」になぜか救いを感じる件

「闇金ウシジマくん」読み終わった。すべてに救いがない話なのに、不思議と救いがある気がする読後感。たぶん、「無力感」がキーワードだ。人間は暴力や恐怖、欲を前にしてどれほど無力なのかを見せつけられ、でもウシジマくんはその無力感から目を逸らさな…

好きなマンガについてひたすら書いてみたら33作品出てきた件⑤

(1つ前の記事はこちらです↓) 好きなマンガについてひたすら書いてみたら33作品出てきた件④ - 鯖缶@3rd&forever (今回のもくじ) 「ぼくんち」西原理恵子 「うる星やつら」高橋留美子 「砂の栄冠」三田紀房 「それでも町は廻っている」石黒正数 おわりに…

好きなマンガについてひたすら書いてみたら33作品出てきた件④

(1つ前の記事はこちら↓) 好きなマンガについてひたすら書いてみたら33作品出てきた件③ - 鯖缶@3rd&forever (今回のもくじ) 「大長編ドラえもん5 のび太の魔界大冒険」藤子・F・不二雄 「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」赤坂アカ 「PLUTO…

好きなマンガについてひたすら書いてみたら33作品出てきた件③

(1つ前の記事はこちら↓) 好きなマンガについてひたすら書いてみたら33作品出てきた件② - 鯖缶@3rd&forever (今回のもくじ) 「おおきく振りかぶって」ひぐちアサ 「ドラゴンヘッド」望月峯太郎 「アイアムアヒーロー」花沢健吾 「おやすみプンプン」浅…

好きなマンガについてひたすら書いてみたら33作品出てきた件②

(1つ前の記事はこちら↓) 好きなマンガについてひたすら書いてみたら33作品出てきた件① - 鯖缶@3rd&forever (今回のもくじ) 「GANTZ」奥浩哉 「進撃の巨人」諫山創 「H2」あだち充 「お父さんは心配症」岡田あーみん 「哲也-雀聖と呼ばれた男」さいふ…

好きなマンガについてひたすら書いてみたら33作品出てきた件①

(もくじ) はじめに 「リバーズ・エッジ」岡崎京子 「笑う大天使」川原泉 「デトロイト・メタル・シティ」若杉公徳 「惡の華」押見修造 「DEATH NOTE」大場つぐみ/小畑健 「風の谷のナウシカ」宮崎駿 「僕の小規模な失敗」福満しげゆき 「So What?」わかつ…

関取花「もしも僕に」を通勤時間に聴いて泣いた話

僕は週3日主夫で、週3日会社勤務で。通勤の時間が、家庭のことも会社のことも考えないつかの間の「自分タイム」。タイムフリーで聴くラジオは、ぼんやりと僕の考えを聞いてくれている感じにも似て、つい心を許してしまう。何を言いたいかと言うと、関取花…

【マンガレビュー】「子供はわかってあげない」に流れる静かな轟音に泣いた

「幸せだ」「幸せだ」としきりにアピールする人が孤独に弱かったり、「俺って自由な考え方するし」と言うやつに限って偏見がひどかったり、人間はその本質とは逆の表面を持っていたりするものだ。 悲しい時、人は泣くとは限らない。むしろ、涙をこらえようと…

「タイトルに主人公の名前が入ってるマンガ」ベスト10

「タイトルに主人公の名前が入ってるマンガは必ず面白い」という説がある。というか、この前僕が思いついた。 「かぐや様は告らせたい」という人気マンガを読んで、タイトルの濃密さについて書いた<記事リンク>時に、なんとなくそう思って、後日考え直した…

「少女ファイト」のアンビバレントな魅力に惚れざるを得ない件

最初に結論をはっきり書くと、日本橋ヨヲコの女子高バレーマンガ、「少女ファイト」を読んでみたら、ものすごく好きだった。途中なので続きが楽しみ。まだ読んでない人がいたら全力で薦めたい。これが結論。 #日本橋ヨヲコ「#少女ファイト」面白い!ウジウジ…

「かぐや様は告らせたい」というタイトルの情報量がすごい件

「かぐや様は告らせたい」って、すごくいいタイトルだな。イケてるタイトルという感じではないけど、情報量がすごい。「かぐや」「様」「告らせ」「たい」がいちいち何かを想像させる。シンプルに言い切ってて思わせぶりじゃないのに、どんなマンガなのか想…

「素晴らしい世界」(浅野いにお)は、「長すぎる思春期の終わりの始まり」の頃の僕らを描いてくれた

浅野いにお「素晴らしい世界」読んだ。読みながら「わわ。このよしもとよしとも的、サニーデイ・サービス的、思春期の終わってない大人の構ってくれ感はなんだぁ!」と好悪混じった感じで読み進んだ(つまり夢中になって読んだ)。確認したら2003年初版だっ…

最近気づいたこと(2018年12月①)

ツイッターで僕が無鉄砲につぶやいたことを、時々振り返って反省するコーナーです! 今回はこんな感じ・・・ イケてると思うのはタダ 時空が歪む時 メモを取る日々 マンガ「約束のネバーランド」と「BILLYBAT」を読んでる その他のツイート イケてると思うのは…

「逃げるは恥だが役に立つ」の「もどかしさ」に妙に興奮した

「逃げるは恥だが役に立つ」(今マンガ読んでる)の略称を、何となく「逃げ恋」だと間違えて認識してて、なんか恥ずかしい。逃げ恥だけに。「恋」は主題歌の方だった。 — 鯖缶 (@savacanmemo) 2018年10月28日 マンガ「#逃げるは恥だが役に立つ」を読んでる途…

最近気づいたこと(2018年10月①)

ツイッターで僕が無鉄砲につぶやいたことを、時々振り返って反省するコーナーです! 今回はこんな感じ・・・ 昔見た夢のこと マンガの文法 フリック入力、はじめました 人生半分損してる? その他のツイート 昔見た夢のこと 昔見た夢。自分の劇団の「童貞のこじ…

「僕だけがいない街」の魅力って、絵がうまいことなのでは?

マンガ「僕だけがいない街」(三部けい作、角川コミックス・エース)を読んだ。あまり情報収集に積極的でない僕がタイトルを知っていたぐらいだから、それなりに話題になった作品のはず。 僕だけがいない街(1) (角川コミックス・エース) 作者: 三部けい 出版…

最近気づいたこと(2018年9月③)

ツイッターで僕が無鉄砲につぶやいたことを、週に1回ぐらいのペースで反省するコーナーです! 今回はこんな感じ・・・ ウソのつき方 娘7歳、SFっぽい世界観 「泣き虫しょったんの奇跡」と「かくかくしかじか」 常識とマナーの行く末 その他のツイート ウソ…

今週気づいたこと(2018年9月①)

ツイッターで僕が無鉄砲につぶやいたことを、週に1回反省するコーナーです! 今週はこんな感じ・・・ バイリンガルニュースを聴いて思ったこと マンガ「嘘喰い」を読んだ きゃりーぱみゅぱみゅ「インベーダーインベーダー」が好き 予想にないセリフは聞き取れ…

今週気づいたこと(2018年8月③)

ツイッターで僕が無鉄砲につぶやいたことを、週に1回反省するコーナーです! 今週はこんな感じ・・・ 子どもに慰められたりする 完璧主義に要注意 運転しながら電話してくる人 クイズゲームと長嶋有さんと僕 その他 子どもに慰められたりする 今日、妻の不在時…

今週気づいたこと(2018年8月②)

ツイッターで僕が無鉄砲につぶやいたことを、週に1回反省するコーナーです! 今週はこんな感じ・・・ 「くじ」なんて誰かにくれてやれ マニュアル厳守 爆笑問題太田さんの話 「エモい」と言ってみたい その他 「くじ」なんて誰かにくれてやれ 今日職場では「お…

今週気づいたこと(2018年8月①)

ツイッターで僕が無鉄砲につぶやいたことを、週に1回反省するコーナーです! 今週はこんな感じ・・・ ネタばらしの得意な友人 知識量なんて大事じゃない(やっぱり大事?) 言葉の意味は常にインフレする 無益の益 ネタばらしの得意な友人 僕って影響されやす…

ラジオ、山里亮太の不毛な議論「真夏の大喜利甲子園」に涙腺をわしづかみにされた件

昨日、こんなことがあった。 「大喜利甲子園」2時間ノンストップで聴きたくて後回しにしてたけど、そんなチャンスなくて、今日通勤時間で聴くことにした。冒頭からaikoの曲がかかる流れで号泣して、ちょっと今休憩。残りは帰りに聴きます。#fumou — 鯖缶メモ…

「ハチワンダイバー」を読み直したら猛烈に面白かった件

将棋マンガ、「ハチワンダイバー」(柴田ヨクサル)を読み直したら、猛烈に面白くて興奮したので、ひたすらにおすすめしたい。 #ハチワンダイバー 読み終わった!・将棋の面白さを濃密に描いてるのに、キャラや展開がマンガらしいバカらしさをずっと失わず、…

今週気づいたこと(2018年7月⑤)

自分が無鉄砲につぶやいたことを、週に1回反省するコーナーです!<先週の記事はこちら> 今週はこんな感じ・・・ 褒めるのは得意 映画「クレイマー、クレイマー」 タトゥー 「どうでもいい」と繰り返し思い出すこと 褒めるのは得意 昨日寝る前。僕(息子5歳…

【小説レビュー】古川日出男「サマーバケーションEP」が胸に迫りすぎた件

好きすぎて、逆にいい小説かどうかはよく分からない小説がある。冒頭からツボにハマって、読み進めるうちにいろんな思いが共鳴して、あっと言う間に読み終わる。中身のことはよく覚えてない。ただ、すごく好きだったことだけが分かる。 僕にとってそんな小説…

「日々蝶々」「ハチワンダイバー」など感想(最近読んだマンガ)

「おっさんになると新しい音楽を聴かなくなる」という説に、身に覚えがありすぎる。僕の場合は元からそんなに音楽聴かないから分からないけど、小説、映画、マンガについては本当に新しいものに手を出さなくなった。 暴論を承知で書くけど、「おっさんは、何…

「AKBとエヴェンゲリオンはだいたい同じ」(悪口は書いてませんがAKBファンの方は読まないでください!)

ずっと前に、AKBとエヴァンゲリオンは似てるな、って思ったことがあって、そのことをいろんな人に話してるんだけど、今のところ1人にしか賛成してもらってない。でも、何度思い直しても「結構正しいのでは?」とも思うので書いてみたい。 基本的には、A…

「おやすみプンプン」(浅野いにお)が胸に迫りすぎた件

暴論であることを承知で決めつければ、機嫌のいい思春期の少年少女はバカなんだと思う。あんなに感受性が敏感なのに、機嫌よく過ごしていられるんなら、都合のいい情報しか受け取ってないのだ。 暴論を無理やり続ければ、不機嫌な大人は迷惑だ。自分の中の不…

「となりのトトロ」 カンタの人生のピークが早すぎた件

昨日の夜。子どもと、「となりのトトロ」のカルタで遊んだ。「ほ」は、「ほんとはやさしいてれやのかんた」。この札を見て、ふと思った。 少年カンタにとって、サツキに傘を差し出したあの瞬間が、人生のピークだったのでは? 余計なお世話とはこのことだ。…

ドストエフスキー読みが通勤電車で偶然向かい合った話

伊集院光さんの深夜ラジオ(「深夜の馬鹿力」)が好きで、10年ぐらい前からよく聴いている。毎週全部聴くような時期もあれば、忙しい時期には「オープニングのフリートークだけ」という時期もあった。熱心なリスナーとは言えないけど、伊集院さんの「本当の…

スポンサーリンク