鯖缶@3rd&forever

2児の父の雑記ブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターネタ(クレーム対応)などが中心です。

スポンサーリンク

「ちょっと待って」は、「3分待って」に言い換える

よくある仕事のコツ、みたいな話なんだけど、簡単かつ使えるのでサクっと紹介しておきたい。

 

職場などで、「ちょっと待って」と言うとき、「ちょっと」を禁句にして、具体的な時間を言うようにするということ。単純な話で、「ちょっと待って」だと、「15秒なのか1分なのか3分なのか15分なのか1時間なのかわからない」からだ。

僕は職場で、いつもこれを実践している。後輩から質問された時。「7秒待って」とか。上司から呼び出された時、「3分後に手が空くと思います」とか。

具体的な時間を提示すると、「待て」と言われた方は、その時間を有効に使える可能性がある。

「5秒」ならそのまま緊張をとかずに次の指示を待つし、「15秒」なら水を一口飲める。「1分」ならリラックスして背筋を伸ばしたり、調べ物の1つもできる。「3分」なら急いでトイレに行ってこられるかもしれない。

要するに、待ち合わせに遅れるときと同じということ。どの程度遅れるかを伝えないと、待つ方はその時間を有効に使えない。

ちょっとした工夫なんだけど、意識しないとなかなかできない。普段からクセにしておくといいと思う。「人を待たせている」という状況だからこそ、相手の立場で話をするのである。

(スポンサーリンク)

 

 

www.savacan3rd.com

www.savacan3rd.com

www.savacan3rd.com

www.savacan3rd.com

 

スポンサーリンク