鯖缶@3rd&forever

2児(娘8歳、息子6歳)の父のエッセイブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターあるあるなど。

スポンサーリンク

スプラトゥーン日記(016)

(僕のスプラトゥーン修行を題材にした私小説です。95%実話ですが、あくまでもフィクションです。1つ前の日記はこちら↓)

スプラトゥーン日記(015) - 鯖缶@3rd&forever

 

2020年5月13日(水)

面倒だし、守秘義務に抵触する可能性もあるから詳しくは書かないけど、会社で少し嫌なことがあった。いままで、バイトリーダーとして使用が認められていた社内ツールへのアクセス権限がなくなったことだ。この4月から、非正規雇用のバイトリーダーは、僕も周囲のバイトリーダーも(時給こそ変わらないものの)ランクダウンして、「リーダー」の権限を失った。これは、「同一労働同一賃金」の適用で、「社員並みの仕事内容をするバイトリーダーに、社員並みの賃金を与える(給料を上げる)」ということをせず、「バイトリーダーには社員未満の仕事のみ課す(仕事の責任を減らす)」という方針によるもの。その一貫で、仕事上で使うツールにも具体的な制限が加わった(ということを今日出勤したら知った)。


より詳しい検索に使えるデータベースへのアクセスができなくなったことで、端的に電話対応のスピードが落ちる。そうすると、お客をイライラさせる可能性が増えるわけで、僕にとっても会社にとっても、お客にとってもメリットのない変更。ただ、「社員とバイトの権限に差をつける」という都合のための決定で、大いに不満。おそらく、同種のことがいろんなところで、これまでもこれからも起きるんだろう。


ひょっとしたら会社の決定には合理性も妥当性もあるのかもしれないけど、僕には到底そうは思えない。でも、「僕がひがんでるから嫌な気持ちになるだけなのかも」と思うと、その「嫌な気持ち」を認めるのも億劫になる。ひがんでることを、表に出したくなくてグルグルと内向する。モヤモヤを消化しきれないまま帰宅。


気分が落ちていたからかはわからないけど、ガチエリア、オーバーフロッシャーデコでまさかの8連敗(昨日AからA-に落ちていたけど、さらに4連敗でB+に落ちて、B+でも4連敗)。これはマズいと思って、気分転換に「わかばシューター」に持ち替えてなんとか2連勝して、トータル2勝8敗。「Sに行けるかも」とナメたことを思ってたのが神様にバレた。


ガチホコ(B-)6勝4敗。わかばシューターと、スパイガジェットで。勝ち越せてよかった。


5月14日(木)

昨日、小学校から宿題のプリントと、宿題のリストが配られた(妻が取りに行った)。先生が作った動画も5分程度のものがいくつか。ネットを通じて見る(ビデオ通話のリアルタイムの授業ではなく、録画されたものを見るもの)。


この時期に、学校再開後に子どもを預かる小学校の教師が、どれほどのプレッシャーにさらされるかを想像すると、小学校の先生方を責める気には到底ならないけど、「このプリントと課題リスト、2日で準備できるよ。動画づくりも、ノウハウがなかった分を考慮しても、1週間でできる」とは正直言って思った。休校が始まったのは3月。そこから10週間以上経って、ようやくこの程度の工夫か、とちょっとがっかりする。


(まあでも、今は他人を責めたい気持ちが容易に膨らんでしまう精神状態にいるから、メモだけしておいて、考えるのはまた今度にしよう。先生方も、僕の予想ではきっとサボってるのとは違う。目に見えないところで苦労してるんだろう。それを非効率、と言ってしまってもいいんだろうけど)


ガチアサリ(B-)1勝2敗。スパイガジェットを使って。負けた試合だったんだけど、一度会心のプレーができて興奮した。Bバスパークで。味方のデュアルスイーパーとペアで、ゴールに向かって正面から通路を攻め上がる状況になった。僕がアサリ9個、デュアルが7個の状況。相手を2キル入れた状態でゴール下まで進み、やや前にいた僕が「カモン」を押すと、デュアルがアサリを1個パスしてくれて、ガチアサリをすぐにシュートしてそのままスーパーチャクチで相手をさらに1キル。デュアルも手持ちのアサリをゴールに入れられた。


「ウデマエXの人の動画で見た、憧れのプレーの1つができた」と書くと、喜びすぎててなんとも恥ずかしいな。でも、1つずつはそれほど難しいことではないけど、3ヵ月前には絶対にできなかったことが身についてきたのは確か。面白かった(負けたけど)。


その後、ガチエリア(B+)を2試合やって、1勝1敗の時点で、ちょっと自分でも意外なことが… 「ちょっと飽きた」と思ったのである(逆に言うと、いままで1月の半ばぐらいからハマり始めて、ここまで飽きてなかったんだけど)。


これには、ちょっと安心した。この、朝から晩までスプラトゥーンのことばかり考えてる毎日は、ちょっと病的だ。コントロールできないレベルまでゲーム依存が進んでしまったら怖い、と思ってた。でも、「ちょっと飽きた」という瞬間がきて、「だよね。ちゃんと飽きる瞬間、来るよね」と実感して安堵。でも同時に、不安も訪れる。「それまで楽しいと思ってたことが楽しくなくなる=ウツのサイン」というすりこみもあって、「ついに来たな」みたいな恐怖も同時に。


この、「ゲーム依存がさらに進行する」のも、「ゲーム依存すらもなくなってしまう」のも怖い、という心理状態。要するに不安だらけ。まあいい。不安なのは当たり前。緩和できればラッキー、ぐらいに思うしかない。


オーバーフロッシャーで2試合やって、そこでガチマッチやめて、Switchスリープさせて。でも、スプラの動画を見たらやっぱり面白くて、結局30分後にはまたやり始めた。わかばシューターを持って、4勝5敗。


ガチヤグラ(C+→B-)3勝2敗。ガチホコ(B-→B)3勝3敗。ウデマエアップが重なった。結局上機嫌。


5月15日(金)

今日はSwitch休み。昨日、「スプラトゥーンちょっと飽きた」と思ったので、1日リフレッシュはちょうどいいタイミングかもしれない。「飽きた」のは、どちらかと言うと「オーバーフロッシャー」に飽きたのではないか、という気がしてきた。「自分はデスしないように気をつけながら、エリアを一生塗り続ける。人数有利なら前に出て、人数不利なら後ろに下がる」というプレーで、味方が強ければ勝ち、相手が強ければ負け、という感じ。互角の試合で勝ちが拾えることが増えてきたとは思うけど、不利な状況を自力で打破する実力はない。


もっと、なんとなくではなく意図を持って味方を素早くサポートできたりしたら、楽しい気がする。今は、もちろん敵味方の位置はできるだけ見ようとしてるけど、でもなかなか追いつかなくて結局「なんとなく弾をばらまいてる」だけの時間帯が長い気がする。「エイムが大雑把でもある程度貢献できる」のがオーバーフロッシャーのいいところだけど、プレーの意図が大雑把にならないように意識するとよさそう。


5月16日(土)

ガチホコ(B)7勝8敗。ガチエリア(B+)7勝4敗。ガチヤグラ(B-)1勝2敗。ガチアサリ(B-)3勝2敗。それぞれ「わかばシューター」でやってみる。正しく使えてる自信はまったくないんだけど、とりあえず楽しかったのでよし。

わかばシューターって、初心者向きのブキなのか、どうか。「連射ボタン押しっぱなしで塗れる」「インクアーマーはあんまり上手い下手関係ない(使うタイミングとかはあるんだろうけど、操作はレバー押すだけ)」「スプラッシュボム強い」という意味で、操作はまったく難しくなさそう。じゃあ初心者向きかというと、ちょっと怪しい。ほとんどすべてのブキとの対面で不利だと思うし、インクアーマーのありがたみを感じるのはちょっとプレー経験が必要そう。スプラッシュボムも使い方次第、という感じがある。


それでも、しばらく「わかば」中心でプレーしていこうかな、と思った。「サブインク効率アップ」のギアを積めばスプラッシュボムが2個投げられることを検索で知って、さっそく採用。自分が1人で相手を倒すというよりは、味方が交戦中の相手の足元や退路にボムを投げるイメージでやってみよう。(それが正しいのかもよく分かってないけど)

 

(続きはこちらです↓)

www.savacan3rd.com

 

 

(スプラトゥーン日記、第1話はこちらです↓) 

www.savacan3rd.com

 

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

  • 発売日: 2017/07/21
  • メディア: Video Game
 

 (↑Amazonのリンクです)

 

スポンサーリンク