鯖缶@3rd&forever

2児(娘8歳、息子6歳)の父のエッセイブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターあるあるなど。

スポンサーリンク

スプラトゥーン日記(027)

(僕のスプラトゥーン修行を題材にした私小説です。95%実話ですが、あくまでもフィクションです。1つ前の日記はこちら↓)

スプラトゥーン日記(026) - 鯖缶@3rd&forever


2020年6月23日(火)

新しく受けた映像翻訳の案件が、「1ヵ月で97分」というものだったので、これは今の僕にはちょうどいい。「8日間で46分」も十分間に合うんだけど(事実、毎日スプラを2時間ぐらいやってる)、「予定のスケジュールよりペースが遅れると、それを取り戻す余裕がない」ので、気持ちに余裕がなくなってしまう。


だけど、納期まで1ヵ月もらえれば、焦る必要はない。「毎日3時間ずつ集中して、4日に1日休む」みたいなペースで多分終わるはず。そのぐらいのペースなら、翻訳も楽しい。(この点は、「会社仕事」の固定収入があるのが大きくて、それがなければ1つの案件が余裕でも結局他の案件も同時進行でやらなければならず、結局「余裕」という概念はまぼろし、とかになりそう)


この、「気持ちの余裕」はスプラトゥーンでも大事なのではないかと思って、今日はプレー前に「さんぽ」での予習をちゃんとやってみた。ガチエリアから。「初動で立ちたい場所」「その場所があまりにも敵に狙われたり味方が密集したりしたケースの第2候補」「人数有利になって前に出た場合の行きたい場所」をそれぞれ確かめる(オーバーフロッシャーを使う前提で)。


スメーシーワールドは、エリア右の高台が好き。インク切れたり狙われたりしたら、すぐに後ろに逃げられる(台を降りる)。そして、壁を上りながらインク回復。他には、エリア手前の低い壁の後ろ。右端でバスタブ(と言うのか?)だけ出して、自分は姿を出さずに戦うイメージ。ジャンプして撃ってもいいし、壁に反射させるようにエリアを狙ってもいい。そして、味方が強くて無理する必要がない時は、エリアの左手前。エリアと、ステージ全体が同時に見やすくてストレスが少ない。


デボン海洋博物館は、エリア左手前の高台。相手の長射程ブキが見ていなければ屋根の上に出て、見られていたら引き気味で。決してエリアが塗りやすい場所ではないんだけど、相手がこの場所のオーバーフロッシャーを倒そうと思ったら、結構無理をして回り込んでこない限り無理なはずで、「リスク/リターン」的に常に優位に立てる。相手オーバーフロッシャーが下から僕を狙ってきた時があったけど、上と下の撃ち合いという時点でこっちが有利だし、こっちは撃ち合わずに遮蔽物に隠れてエリアに弾を流し込めばいい。相手の弾は無駄になって、こっちの弾はエリアを塗れる。もしここでうまくいかなかったら、エリアの左か右。ここからは効率よく塗れる。左は後ろに下がれないのでやや攻撃的、右は後ろにさがれるのでやや守備的なイメージ。そして、エリア手前の引き気味の場所も悪くない。後ろさえ取られなければ、近づいてきた敵を引きながら迎撃すればいいし、遮蔽物に隠れて反射を狙ってもいい。


と、ここまで考えたら勝てるような気がしてきて、いいイメージを持って試合に臨むと5勝1敗(B)。なるほど。ちょっとの準備がいい結果を招くんだなあ。多分、何事においてもそうなんだろう。「敷金、礼金が作れずにネットカフェ難民になって、かえってアパートの家賃より高いお金を払う」みたいな例で、「貧乏人が余裕がないがゆえにヘタなお金の使い方をしてしまう」と同じで、初心者がウデマエを上げようとして、焦ると負け続ける上に上手くならない、みたいな。(なんか、似たようなことをこの3ヵ月で7億回ぐらい考えた気がする)


その後、ステージがバッテラとコンブに変わって、オーバーフロッシャーデコに持ち替えても好調を維持できて4勝0敗。トータル9勝1敗はナイス。


ガチアサリ(B-→B)1勝1敗。アジフライスタジアムで。「攻守ともに焦らずに生存重視で、フロアの塗り状況で有利を保ち続ける」と決めて。でも焦っちゃってガチアサリのシュート2回外した(でもその試合は勝てた)。

 

ガチヤグラ(C+)2勝1敗。ラピッドブラスターベッチューで。昨日クラッシュブラスター使って、ついにブラスターに心を売ってしまったので、今日はさらに長射程に。C帯に落ちたことは残念だったけど、いろんなブキを試すのは楽しいので、それはやっていこうかな。


ガチホコ(B+→A-)4勝1敗。オーバーフロッシャーで。メリハリつけてプレーできたと思う。ホコを持とうか2秒迷うと、それって場合によっては20カウントぐらい損してしまうことがある。なので、「ホコの周りが自インクで塗れてる時は迷わず持つ」と決めてシンプルにプレー。守りのターンでは、突っ込まずにどこまでも引いてプレーすることに決めた。事前のゲームプランどおりにプレーできて、結果もついてくるとうれしい。感無量のウデマエアップ。ガチホコでは初のA帯だ。


それにしても、今日はいきなり好調だったな。そして、日記が長い! 実は、翻訳仕事が余裕ありそうなのを見越して、「1日の途中に少しずつ書く」ということを試してみた(今までは、空いた時間に数日間を振り返ってまとめてた)。スプラ上達のためには、逐一書く方がいいかもしれない。


6月24日(水)

7月から職場での所属チームが変わる(今までとは違う種類の仕事をすることになる)ので、今日は1日その研修だった。職場で社歴最年長バイトの僕としては、久しぶりに仕事を教わる“新人”の立場。研修の講師役になった社員は、僕よりだいぶ社歴も浅く年下だ(というか僕の同年代はだいたい管理職になっているので、現場にいる社員はほぼ年下なんだけど)。僕としては「気を遣わせないように気を遣う」みたいな感じ。


帰宅後にスプラ。ガチエリア(B→B+)2勝1敗。オーバーフロッシャーデコを使って。昨日の教訓を生かして、事前にさんぽ。海女美術大学で自陣からエリア内高台へのイカジャンプ、エリア内高台から敵陣へのイカジャンプの練習をしたり、スプリンクラーの設置場所を考えたりする。1敗の試合では、相手にエリア内高台を取られて、それをなかなか取り返せずにずっと不利な状況が続く感じだった。「塗り合いでカウント進ませないようにしつつ、スペシャルが溜まったら奪還」がいいのかな。あと、高台を制圧したら、それをなるべく譲らなずに戦うにはどうするかも考えておきたいな。


目が疲れたので、3試合のみでガチマッチはおしまいにして、あとはサーモンランをやっていた。ギアパワーのかけらを集めて、「ガン積み」ギアを作りたいので。RPGのレベル上げみたいで楽しい。


6月25日(木)

朝から翻訳作業。1日3時間やればいい、という状況で、僕は「3時間の仕事終わらせてから、あとはのんびり過ごす」とはしない。3時間を、15分×12回として、断続的にやっていく感じ。それで、今回は間に読書も挟んでみることにした。どうせ作業の合間にスマホをいじってしまうんだったら、それはもう仕方ないものとして、スマホの代わりに本を読んだほうがいいんじゃね? と薄々気づいてはいたんだけど、実行に移すのをサボってたので。読書がツイッターより役に立つ保証もないんだけど、少なくともツイッターよりストレスは少ない。


そして、1時間分の作業が終わったら(間にこの日記や読書が挟まってるので実際は90分ぐらい)、ご褒美にスプラを30分やる感じ。スプラのスケジュール更新の2時間に合わせて自宅仕事をする。ふざけてるみたいな感じもあるけど、案外「アリ」なのではないかという気がしてきてる。

 

ガチエリア(B+→B)昨日上がったばかりのウデマエが、2勝3敗でダウンしたんだけど、何かの間違いじゃないですかね? ちょっと仕組みを正確に把握してない… トータルでは8勝6敗。試合前にさんぽして、負けた試合があれば、次の試合の前にもまたさんぽ。できなかった動きを個別に練習する、というサッカー小僧のような真面目さ。やってることは、「コンブトラックの天井配管にスプリンクラーつける練習」とかのレベルの低さなんだけど。マルチミサイルの避け方がヤバいほどヘタくそで、かなり必死になって逃げてようやくデスを避けられる、という感じ。これはさんぽでは練習できない… マルチミサイル撃たれたらそこを動画に保存して、見直すとかすればいいのかな。あと、0デスで負けた試合が2回あって、負けた瞬間には「味方、頼むよ」って思ったんだけど、ひょっとしたら僕が足を引っ張ってたのかもしれない。本当はもっと早く「このまま引いた位置でエリアに弾流してるだけだと負ける」と気づくべきなのかも。それができれば勝率あがりそう。


ガチアサリ(B)1勝1敗。ガチホコ(A-)1勝3敗。攻守の切り替えの判断が遅かった。かつ、守る時も「引いて我慢」するのか、「踏ん張って迎え撃つ」のか。攻める時も「じっくり落ち着いて」なのか、「ゴリ押し」なのか。ガチヤグラ(C+)5勝2敗。ラピッドブラスターベッチューで。イカスフィアの使い方が慣れてきた。多分、攻めのターンで、相手に横から突っ込むと強い。相手は、ヤグラを見たいのでイカスフィアに気づくのが遅れ、そうするとこちらが有利になる。最悪迎撃されたとしても、その間ヤグラを攻撃できないので、相打ちでも悪くはない。トーピードはまだよく分からない。もうちょっと使ってみたい。

 

(続きはこちらです↓) 

www.savacan3rd.com

 

 

 

(スプラトゥーン日記、第1話はこちらです↓)

www.savacan3rd.com

 

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

  • 発売日: 2017/07/21
  • メディア: Video Game
 

 (↑Amazonのリンクです)

スポンサーリンク