鯖缶@3rd&forever

2児(娘8歳、息子6歳)の父のエッセイブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターあるあるなど。

スポンサーリンク

スプラトゥーン日記(041)

(僕のスプラトゥーン修行を題材にした私小説です。95%実話ですが、あくまでもフィクションです。1つ前の日記はこちら↓)

スプラトゥーン日記(040) - 鯖缶@3rd&forever

 

2020年8月5日(水)

早起きして翻訳仕事。一日の中で集中力マックスで仕事ができる時間なんて、せいぜい1時間ぐらいじゃないかな。その前後の、「いまいちエンジンかかってないんですけど」みたいな状態の時に、集中力が半端な状態なりに仕事が進められるかが大事な気がする。で、あまり進まず(悪いなりに進んだんじゃないのかよ)


会社の帰りに少し仕事しようと思ってノートパソコンを持って通勤したけど、会社の休憩室も、家の近くのガストも混んでて断念。進まず。


会社の行き帰りと、昼休みに少しNBAを観戦(見逃し配信みたいなの)。面白いと言えば面白いんだけど、まあなかなか感情移入まではできない。リーグ再開後は、「2日に1試合」のペースで進んでるらしくて、それだとなかなか観戦が追いつかない。結果、4クオーターだけ見ようか、みたいになって、ますますテンションは微妙に。これは、NBAがコンテンツとしてつまらない、ということでは全然なくって、ある程度「時間」や「思い入れ」を注ぎ込んで、投資しないと、「興奮」というリターンにはアクセスできない、ということな気がする。まあ、仕方ない。


ガチホコ(S)0勝2敗。ガチヤグラ(A-)3勝1敗。ガチアサリ(B-)1勝1敗。ガチホコとガチヤグラでは。ボムピッチャーをうまく使えばカウント稼げそうかな、と思ってオーバーフロッシャーデコを使ったんだけど3連敗。その後無印の方を持って3連勝した。「デコ」はエリアとアサリで練習することにしようかな。

 

8月6日(木)

翻訳仕事。火曜受注で、日曜納品。火、水とあまり進まなかったので、今日は勝負。サクサク進ませた時間が2割ぐらい、あとはグダグダしながらも、少しずつ埋めていく。そのグダグダ感に我ながらやや失望するんだけど、まあその失望も時間の無駄なので、「せいぜいこんなもの」と思いながら、だましだまし進めた感じ。予定よりやや押し気味。


ガチヤグラ(A-)5勝3敗。ガチエリア(B)5勝1敗。スプラは割と好調なのかよ。あまりできない日に限って好調。まあそんなものかもしれない。ヤグラでは、復活短縮のギアを多めに積んで、「敵陣にヤグラがあるときはデスしてもいいからジャンプ」でやってるんだけど、「ジャンプする/しない」の判断は、実は復活短縮のギアのあるなしにそこまで関係ないような気もしてきてる。つまり、復活短縮がなくても「ローリスク、ハイリターン」ならジャンプすべきだし(カンモン突破のチャンスとか)、復活短縮があっても、できればデスはしない方がいい。(ただ、判断やプレーをミスした時の被害が少ない、という意味ではいいギアパワーなのは間違いないはず)


そう思って、復活短縮を2.4から1.3に減らして、その分スペシャル増加量アップを積むことにした。こっちの方が、防衛にはいいように思う。

 

8月7日(金)

会社が昼まで。帰り道、「すた丼屋」で、「スタミナ唐揚げ定食」みたいなのを食べる(実は先週も食べた)。店内の床が油でベトついてるのも、「ガッツリ感」を演出していていい感じ。この、「生活がイライラするから、せめてドカ食いしてやる」みたいな感覚の安易さにちょっと自分でもガッカリしながらも、「知ったことか、俺は、食べたいものを食うんじゃあ、ガハハ」という気分は楽しい。


楽しくないのは、食べてる途中で、「もう、いらない…」ってなるところ。「ガッツリいく」というテンションは楽しいけど、もはや胃は老いてる、ということか。


なんとか翻訳は最後まで字幕を埋めた。ここまで来ると一安心。リライトは割と楽しいことが多い。


8月8日(土)

早朝から夕方まで、途中でスプラ動画見たり、ガチマッチしたり、仮眠とったりしながら、ダラダラと翻訳仕事を進める(この、仕事の間にちょっと挟むガチマッチほど楽しいことはない。本当は読書とかも挟むといいんだろうけど)。


なんとか夕方までにリライトが終わって、息子のサッカー教室の送迎をする。迎えに行く時、ちょっと早めに行って見学。なかなか一生懸命にやっていて、感動しちゃったよ。今年は、学校公開もなくて、そんな姿をずっと見てなかった。小学1年生、一生懸命になっちゃうんだよね。やや救われる思い。


ガチホコ(S)2勝1敗。ガチヤグラ(A-→A)4勝0敗。ガチエリア(B)2勝2敗。

ガチホコは、下手なりに粘り強く防衛できた気がする。ガチヤグラは好調。ヤグラに乗るためのブキとして、「復活短縮オーバーフロッシャー」は最適なのではないか、という思いはさらに強まる。ヤグラの上から相手の防衛ポイント(高台)を撃てるのもいいし、シールド、アメフラシのサブスペ構成もヤグラにマッチしてる感じ。僕の課題としては、「拮抗状態から、相手をキルして有利状況を作る」という部分。今のところ完全に味方任せなので、そこが一番伸びしろがありそう。

 

(続きはこちらです↓)
www.savacan3rd.com

 

 

 

(スプラトゥーン日記、第1話はこちらです↓)

www.savacan3rd.com

 

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

  • 発売日: 2017/07/21
  • メディア: Video Game
 

 (↑Amazonのリンクです)

スポンサーリンク