鯖缶@3rd&forever

2児(娘8歳、息子6歳)の父のエッセイブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターあるあるなど。

スポンサーリンク

スプラトゥーン日記(028)

(僕のスプラトゥーン修行を題材にした私小説です。95%実話ですが、あくまでもフィクションです。1つ前の日記はこちら↓)

https://www.savacan3rd.com/entry/2020/07/27/084322


2020年6月26日(金)

おとといに引き続き、新業務の研修。3時起きで翻訳仕事をしてから会社に来ている僕は、正直言って昼前には眠くなってしまうので、テンションが低い。それだと研修講師の社員に申し訳ないかと思って結構頑張ってリアクションした。


帰ってきて昼寝。45分だけ寝るつもりが2時間寝てしまう。目が疲れてるので仕方ない。今日はスプラ休みの日なので、思い切って翻訳や会社も休みにするといいのかもしれない(
あるいは、金曜じゃなくてもいい)。でも、そうすると1日何をして過ごすことになるのか。ちょっと思いつかないな。思いつかないからこそ、「今日は目を使わない日」と先に決めてしまうと、何か浮かぶのかもしれない。9月になってNFLが始まれば(始まるのか?)、なおのこと目を酷使することになる。ちょっと不安だけど、どうなるんだろう? 今までは、翻訳スピードも自信なかったのでNFLシーズンは翻訳をあまり受注してなかったし、スプラにハマり始めたのも、NFLがレギュラーシーズン終わって、試合数が減ってからだったので。スプラ+翻訳+NFLのパターンは体験していない。この日記はウデマエXまでいけたら終わりにするつもりなんだけど、ひょっとしたら何年経っても終わらないかもしれない。


夜、子ども2人が三手詰めの詰将棋を解けた(教室の宿題だった)。三手詰めができると、一気に実力が上がるのでは、と期待している。一手詰めと三手詰めでは難易度が多分20倍ぐらい違って、1手目に8とおりの王手があったとしたら、それの応手(王将が逃げる手)をそれぞれ3とおりぐらい、その次のとどめの王手を8とおりぐらい読まなくちゃいけないので。もちろん、全部の手を読まなくても正解の手だけ読めればいいんだけど、「敵の手を読む」ということが初心者には難しい。


と、ここまで思って、それってスプラでも同じなのでは、とか考えた。今の僕は、「相手のやりたいプレー」を考える余裕が、ほとんどない。ほとんどの時間敵の手を読めないんだけど、時々「この状況なら相手は左からヤグラに向かうしかないから、右から行けば容易に裏取りができて絶対有利」とか分かることがある。その状況を増やせば、自然と強くなるんじゃないか。多分。


6月27日(土)

ガチホコ(A-→B+)5勝6敗。おとといの負けが重なっていてウデマエダウン。B+では割と勝てた。ガチホコの時に使っていたカムバックのギアで、サブのギアパワーにイカ速度2つとメインインク効率1つのやつがあったんだけど、それを間違えてスロットクリーニングしてしまったことに朝気づいて、じゃあどうしようかと、迷ってしまった。結局メインインク効率にして、オーバーフロッシャーにとっては「損のない」ギアパワーでそれはいいんだけど、なんとなくテンション落ちたな。


そうか、動画を見ると、実況者の人は絶対ギアパワーを紹介するんだけど、いまいちピンときてなくて。というのは、そこまで違いがわからずにいるからなんだけど。「キルに必要な弾数が3発から2発になったら断然有利」とか、「爆発ダメージ減少」「敵インク影響軽減」は1つずつつけて、とかも意味はわかるんだけどプレー中に実感できないから、「なんとなく」の興味しか持てずにいた。


だけど、それはそれとして、ギアパワーにはこだわってみるべきではないか。そんなギアパワーで戦いたいか、というのは自分の中でゲームプランを明確にするということだ。違いが実感できなくても、「こっちの方がいいはず」と考えるのは意味がある。


そこで、オーバーフロッシャーでガチホコ用のギア構成を考えてみた。メインは「カムバック/サーマルインク/対物強化」サブは「イカ速度×3」「復活短縮×6」だ。これは、ホコ割りには常に参加(対物強化)、拮抗状態では無理をせず生存意識(サーマルインクで相手の位置が1人でも分かるとかなり違う)、人数有利なら迷わずホコを持って縦に突進(イカ速)。やられた場合は、ノックアウトかカウントリードが狙える状態なら即デス覚悟でジャンプ(復活時間短縮)、守り優先の状況なら自陣塗り固めながらスペシャル溜める(カムバック)という、そういうゲームプラン。決定的な仕事を狙うというより、常にルール関与ができるようにするのが、オーバーフロッシャーとしてはいいのではないか。


メインインク効率とスペシャル増加量アップをつけないのは、「なるべくホコを持つ」というつもり。書いてて楽しみになってきた(ギアパワーのかけら足りないから、すぐに狙ったギア構成にはならないと思うけど)。


ガチエリア(B→B+)9勝5敗。全体的に好調。試合中にミスした動きを試合後にさんぽで確認するなどした(モズク農園の初動で、エリア内高台に短冊状の壁から上りたいんだけど、それがなかなかスムーズにできない、とかそういうレベルの動き)。

 

ガチヤグラ(C+→B-)4勝2敗。ラピットブラスターベッチュー。B帯に戻ってきたけど、使い続けるかどうか。まだ決めてない。

 

6月28日(日)

会社で、(僕にとっての)新業務のデビュー日。つまり、座学でなく実際のお客からの電話を受ける。めちゃくちゃ久しぶりに新人の立場になって、緊張した。そして、その緊張の大部分は、「指導役の同僚に、バカにされたりマウントを取られたりするんじゃないか」という不安が大部分だな、と思った。それは仕事を覚える上では邪魔なプライドなのかもしれないんだけど。最初の2本の電話は、横について補佐をしてくれた同僚バイト(年上女性)のナビゲートが下手すぎてイラついたけど、そのうちに平気になった。


帰ってきて振り返ってみると、「思いついたことを、情報の優先順位を無視して全部その場で言っちゃう人」が指導役だったので、僕の情報処理力が追いつかずに、はっきり言ってその人の「親切な補佐」は邪魔だったんだけど、3本目から電話中のPC操作がなんとか追いつきはじめて、その人の邪魔を無効化できた、っていうことか。もう多分大丈夫。

 

ガチホコ(B+→A-)5勝3敗。昨日考えたギア構成はまだ作れてないんだけど、イメージどおりの立ち回り(攻守のメリハリ)ができて4連勝でウデマエアップ。だけど、A-では1勝3敗で、またウデマエダウンのピンチ。1つ1つのプレーの精度か、立ち回りの判断の精度か、どちらか上げれば通用するとは思うんだけど。すぐできることとして、各ステージで「防衛の時に有利な場所の予習」=「ホコを持ったときに、ガチホコショットで狙いたい場所」を予習することかな。

 

(続きはこちらです↓)

www.savacan3rd.com

 

 

(スプラトゥーン日記、第1話はこちらです↓)

www.savacan3rd.com

 

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

  • 発売日: 2017/07/21
  • メディア: Video Game
 

 (↑Amazonのリンクです)

スポンサーリンク