鯖缶@3rd&forever

2児(娘8歳、息子6歳)の父のエッセイブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターあるあるなど。

スポンサーリンク

スプラトゥーン日記(008)

(僕のスプラトゥーン修行を題材にした私小説です。95%実話ですが、あくまでもフィクションです。1つ前の日記はこちら↓)

スプラトゥーン日記(007) - 鯖缶@3rd&forever

 

4月7日(火)

ガチアサリ(B-)1勝4敗。ガチホコ(B-)はオーバーフロッシャーで1勝4敗してから、ブキチェンジを思い立ち、スプラシューターコラボに変えて1勝、その後ボールドマーカーに変えて4連勝した(トータル6勝4敗)。


ボールドマーカーは、初心者の僕がガチマッチで最初に手にしたブキで、「相手に横か後ろから突進する」「無理っぽかったらランダムに逃げまくる」ということだけを考えてプレーしてたもの。後に、それが動画で見ると「裏取り」「ヘイト稼ぎ(挑発しておとりにになること、で解釈あってる?)」という用語のある戦術と知って、自分の思考回路割とセンスあるじゃん、とか思った。でも、とにかく戦況が把握できていないなかでひたすらランダムに動いていたので、うまくいっても失敗しても安定しなかった。


そして、オーバーフロッシャーで「戦況把握」を最優先にプレーしてきて、それからボールドマーカーを持つと、裏が取れそうなタイミングが以前より分かる。これはかなり気を良くした。


ガチエリア(B)4勝3敗。負けた3試合もそれぞれ惜敗だった。「あと30カウントぐらいキープが必要」と思い込んでエリアの前に出て戦ったらエリアを奪われて逆転できず、みたいな試合があって、でも終わったら2カウント差だった。「それならエリア内にボムピッチャー全部使ったよ」って後悔して、つまりは僕の戦況把握なんてそのレベルなんだけど。カウント把握とかってものすごく簡単かつものすごく重要なはずなのに、それすら難しい(でもだから面白いんだけど)。


ガチヤグラ(B-)4勝7敗。うまくいかない。ガチホコでうまくいったのでボールドマーカーに変えてみたけど、やはり勝てず。今日は成長と停滞の両方を実感した日だったな。そして今日は、久しぶりに受けた翻訳仕事の、久しぶりの納品日だった。朝一番に納品して、1日スプラ三昧ですごせた。さすがに上機嫌。

(東京はついに緊急事態宣言。子供たちは明日は学校があるはずだったけど、休みに。学年交代で登校日があるはずだったけど、一切休校になった)


4月8日(水)

僕の職場は、損害保険(自動車保険、火災保険、傷害保険など)の保険請求の受付コールセンターであって、休業の対象にはならないようだ。なんとなくは分かる。自動車で事故を起こして、保険会社の事故対応が「コロナ収束後に示談交渉を開始します」では笑えない。


ということは逆に言うと、「休業にはしません。緊急事態宣言の期間においても、出勤をお願いします」ということ。とは言え、会社はその状況での出勤であることを踏まえ、期間中は僕のようなアルバイトスタッフに大幅時給アップを決めた。同時に、「高齢者や子どものいる家庭、基礎疾患がある人」は無給ではあるが休職を認める、と。


これに対してどう思うか。いろんな人がいるだろう。「休業にならないから、補償の対象にならない(休業になれば補償の対象になるかは知らないけど)。無給では結局休めない」と思う人もいるだろうし、「働けるだけありがたい」「休めるだけありがたい」とか「時給アップ、激アツ」とか思う人もいるかな。


僕はと言えば、「何らかの対策を会社が取ったこと」「それを事前に説明し(3日前に説明を受けていた)、宣言翌日から実施したこと」には少し安心した。これがベストの対策なのかは判断できない。ただ、「働いてもいいし、休んでもいい」というのはまあ恵まれてるかな、とは素直に思う。休みたくても休めない人、働きたくても働けない人だってたくさんいる。


そして、上司に相談して週3日のうち1日を休ませてもらうことにした。完全に休むのは生活が続かない(ゴールデンウィーク明けで事態が完全終息してるのであれば、休むという選択もあるかな、と思ったけど、さらに感染が拡大してる可能性だってある)けど、週2日の勤務ならほとんど収入は変わらない。それに、この事態で受付や問い合わせの件数は減っており、普段通りの業務体制を続けるためには7割程度の人数がいれば足りる(現場のスタッフのただの実感)。そう思えば、事業継続ができる業種だって「人数を絞った体制にシフト」すべきではないか、という思いもあった。


それで勤務回数を減らすことにしたのだ。「高齢の親と同居しており、可能な限りリスクは避けたいので」と便宜上説明した(便宜上とは言えウソではない)。上司には、「業務内容を臨時で簡易化すれば、通常の半分の人数でも現場は回せるはず。自分のように、休みたい人間、休める人間がいれば、積極的に休ませるべき」と進言した(職場としてどうなるかは分からないが、僕の勤務回数減はすぐに認められたし、上司は僕の意見に賛同してくれた)。


この日は通常通り働いて、やってる業務は平常運転。普段の55%ぐらいの混み具合の電車に乗って帰る(2メートルは距離を確保できないけど、1メートルは確保できる)。かなり空いてたと思うけど、昨日から比べてグンと減った感じはしない(僕は行きも帰りも乗る電車の時間は安定しないし、55%は何も数えてない適当な数字です)。


帰宅後にスプラトゥーン。ガチホコ(B-→B)3勝0敗。昨日に続きボールドマーカーが好調。ガチアサリ(B-)1勝1敗。ガチエリア(B→B+)3勝2敗。2ルールでウデマエアップがあった日で上機嫌。

 

ところで、少し前から僕のスプラのアカウント名は「はなぢでるたろう」なんだけど、すごいことに気づいた。風呂に入ってたら鼻血が出て(アレルギー的な炎症がまあまあ慢性的にあり、鼻血は出やすい)、「実生活でも鼻血出る太郎だな」とか思ってた時に、「あれ、僕がメインで使ってるブキ、オーバーフロッシャーじゃん! 僕、気づいてなかったんだけど、オフロではなぢでるたろう、なんだ! 天才じゃね」とか思った。本当に天才だと思ったわけじゃないけど、ちょっと気を良くしていた。でも1分後ぐらいに、「狙ってないのに狙ったみたいになってるのってウケ狙いとしてはダメなのでは」とか思い出す。忘れやすいけど、反省しやすい。


スプラシューター(通称スシ)を使い始めたら「わさびぬきたろう」を名前にしよう。


4月9日(木)

おととい納品した翻訳の案件に、チェッカーから問い合わせが来ていて萎える。「ここが間違ってるから直してください/直しました」なら分かるんだけど、「ここは〇〇ではないでしょうか?」とかは単に面倒。相談を始めてしまうと無限に時間がかかる。お互いに無駄だと思うので、きっぱりと直してしまえばいいのに。(その相談にも時給が出るなら大歓迎なんだけど。相談、楽しいから。結局カネの問題なのか)


ガチエリア(B+)3勝7敗。負けまくったけど、「ゲーム中の修正」ができた試合があって、それはうれしかった(序盤でやられた4Kリッターに、横から狙っていくムーブができて2回倒せた)。エリア内で戦うのが怖くて、エリアの外で戦う(人数有利でエリアより前に出られる時には出る。エリアにはなるべく入らない)ようにしていて、大半の時間それは正解だと思うんだけど、おそらく場面によってはエリアに入ったほうがいい時もあるような気がしてる(違うかもしれない)。


ガチホコ(B)6勝6敗。ガチヤグラ(B-)2勝10敗。アツいぜ。ヤグラ、負けまくったな。「何が何でもヤグラに乗る。ちょっと無理っぽくてもヤグラ上の練習したいから乗る」って思ってやったけど、味方になった人すみません。ふざけてたわけではないし勝ちたかったですが、多少勝敗度外視で自分の練習のために動いてしまいました。いつか実力をつけて恩返しをします。お許しください。


4月10日(金)

映像翻訳、新規の依頼に着手する。月曜締め切りで尺は10分。分量的にはそれほど慌てる必要はない尺だけど、納期が短い分「遊び(余裕)」は少ない(例えば、急にPCの不調で1日作業不可、とかになると日曜のバイトを休まないと間に合わない)。僕はこうやって「フリーター」と「フリーランス」と「主夫」を兼業でやってるけど、それを誇らしく思えるか、みじめに感じるかはその時々。ひとまず仕事をしてる間はみじめさからは自由になれる。


ガチヤグラ(B-→C+)0勝2敗でウデマエダウン。オーバーフロッシャーをやめて、スプラシューターベッチューに変えてみる(ヤグラに向かってマルチミサイルを撃ちたい)。ヤグラの防衛ならハイパープレッサーかナイスダマが強いのは動画を見れば分かるんだけど、うまく使える自信がなくて回避。じゃあマルチミサイルなら慣れてるかというとそうでもないんだけど。


ガチアサリ(B-)3勝1敗。相変わらずよく分からないんだけど、「失点を完全に防ぐ」というよりは「大量失点を避ける、追加点を防ぐ」というイメージ、「自分で得点して守りに来る相手をキルしアサリを拾って追加点」というよりは(それは無理だから)、「そのどれかをやって、得点機にカウントなるべく点を増やす」という意識が正解に近いんだろうな、とか想像した。

ガチエリア(B+)2勝2敗。どうやったらAに上がれるかイメージがまだできてない。大雑把に「まだヘタなんだよな」と思ってるだけなので、「練習したり意識したりすれば、これはできるようになるのでは」という課題を見つけて1つずつ潰すしかない。

 

(続きはこちらです↓)

www.savacan3rd.com

(スプラトゥーン日記、第1話はこちらです↓)

www.savacan3rd.com

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

  • 発売日: 2017/07/21
  • メディア: Video Game
 

 (↑Amazonのリンクです)

 

スポンサーリンク