鯖缶@3rd&forever

2児(娘8歳、息子6歳)の父のエッセイブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターあるあるなど。

スポンサーリンク

スプラトゥーン日記2021(017)

2021年3月21日(日)「おちばシューターが楽しい」


子どもたちの体調はすっかりよく、ようやく平常運転。僕はと言えば、NFLでよく使われる英単語をまとめたブログ記事をチマチマと作る。


昨日読んだマンガは、「アポカリプスの砦」(原作:蔵石ユウ、マンガ:イナベカズ)。僕はゾンビものって「アイアムアヒーロー」ぐらいしか知らないんだけど、「アポカリプスの砦」は、もう最初からゾンビ度マックスで、それがウケた。

 

 (↑Amazonのリンク貼っておきます))


「徐々に感染が広がっていく恐怖」とか、「友人や家族を捨てたり守ったりの葛藤」とか、「そもそも状況を把握するまでの心の動き」とかがゾンビものの定番なのかと勝手に思ってたけど、「クライマックスに出てくるようなゾンビの最終形態」みたいなやつが割とすぐに出てきてて。

 

それがいいのか悪いのかはちょっと分からないんだけど、とりあえず成立はしてると思う。主人公がどういう人物で、どんなミッションをクリアしたいのか(「大事な人を守りたい」とか「冤罪を晴らしたい」とかがよくある)が謎なまま終わったんだけど、でも、それはそれでアリなのかもしれない。とりあえず、「ハイスピードの悪夢を見る」というのがなぜかエンタメになる、というのは不条理だけど確かにあるっぽい(結局好きだったのか嫌いだったのか分からないまま読み終わった)。

 


スプラの調子はまあまあ。ガチヤグラでおちばシューターを使う。「味方が交戦してるところにトーピードを投げる仕事」と思って、そればかりやる。そして、案外できたし、メインでもキルが取れた。以前もみじシューターを使ってた頃に比べて上達してるっぽいな(敵の位置や向いてる方向の把握が間に合ってきている)。


そして、相手にオーバーフロッシャーがいると、やっぱり気づくこともある。距離をちゃんと取られるとウザいし、場所を替えられた方がめんどくさい。「やられるとイヤだったこと」「立たれると困った場所」は覚えておくとよさそう。

 

3月22日(月)「怒りの反復」を無意識に望んでるのかもと思った話

通勤途中の道にあるコインパーキングで。ある車が不正駐車らしきことをしているのをしばしば見かける。料金を取られずに済むようにするためか、駐車区画に入れたら上がる金属板より前の位置に停めて、車内で食事をしていたりするのだ。


最初はなんとも思ってなかったというか、気づくのを無意識に避けていたと思うんだけど、その「おそらく不正駐車」を見かけるのが一度や二度じゃなかったので、「これはさすがにわざとやってるな」と思うようになって、腹を立てた。


誰かが「ズル」をしているのが単純に腹が立つし、なにより怖い。こんな堂々としてたら、「悪いこと」とも思ってなさそうで、話が通じなさそう。それで、怖いから関わらないようにするんだけど、そうすると「僕も見て見ぬフリをしたことで、この悪に加担してるのでは?」という葛藤が生まれて、それもストレスを感じる。


そんなことが最近のトレンドだったんだけど、昨日朝通りかかったら、その車ちゃんと駐車区画に収まってて、それはそれで拍子抜けした。「ちゃんとルール守ることにしたんかーい」と。


それで、僕が面白いな、と思ったのはどの部分かと言うと、僕は、その車がズルをやめてて、なぜかちょっとガッカリしたんだ。「腹を立てる」っていう原因がなくなって、歓迎すべきことのはずなのに、なぜかちょっと不満。「怒りの反復」を無意識に望むこの心情、心理学とかで名前がついてたりするのかな。


「ふざけんなよ、通報してやろうか」と、やや攻撃的な気分になるはずのことが、今日はできなくて残念、みたいな。たぶん、怒りを感じてもやり場がないから、もやもやがストレスになるのであって、「攻撃的な気分」というのはある種の快感があるのかもしれない。


僕はこの日記でも少し前に書いたことがあるんだけど、業務開始が遅い同僚にムカついてるんだけど、たまに僕より前に仕事を始めてると、それはそれで「ムカつく」みたいな気分になる。ちょっと興味深いので覚えておこう。自分でも気づかないうちに、「ムカつくことのループ」にハマってたりするのかもしれない。それは虚しいので、意識してそのルーティンを捨てた方がいい気がするので。


さて、昨日のスプラは、ガチエリアで4勝3敗だった。よかったのはフジツボスポーツクラブで4勝できたこと。苦手ステージだと思ってたけど、それは払拭できたかもしれない。「オーバーフロッシャーは、しつこく後ろに下がるとウザい」と気づいたので、逆に基本的な位置をやや前にした。そのことで、「詰められた時に下がる余地」を確保することを意識したのがうまくいった気がする。


それに比べると、ホッケふ頭は3敗。ちょっと敗因は覚えてないんだけど、焦って敵の位置が見えなくなってたのかな。なんか、「落ち着きを取り戻すためのルーティン」があるといいのかもしらん。「ヤバ、今状況見えてない」って思ったらリスポーンにジャンプする。とかかな。でも、焦ってる時って、「状況見えてない」ってことにすら気づいてないからな。案外ムズい。


(続きはこちらです↓)

www.savacan3rd.com

 

 

(1つ前の日記はこちらです↓)

 

www.savacan3rd.com

 

スポンサーリンク