鯖缶@3rd&forever

2児(娘8歳、息子6歳)の父のエッセイブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターあるあるなど。

スポンサーリンク

スプラトゥーン日記2021(012)

2021年3月11日(木)ヒッセン、やはり苦戦


4時起きするつもりが1時間寝坊。寝る直前までスプラをやってるから、目の疲れが寝坊を引き起こす気がする。寝る1時間前ぐらいまでにはやめるようにするか。


おととい好調だったヒッセンヒューも、昨日は苦戦。ヤグラとホコでヒッセンを持ったんだけど、ヤグラは4連敗。ホコは5勝5敗。おとといの何がよくて、昨日の何がダメだったのかよく理解できてないので、それがなんとなく分かるまでは使ってみようかな。


エリアではオーバーフロッシャーデコを持ったけど、こちらは好調で2連勝。やっぱり使い慣れてるブキを使うと楽しい。いまいち使いこなせてなかったボムピッチャーの使い方がマシになってきた。要するに、長押しで遠くに投げる、ということなんだけど。今まで、なんとなくもったいないような気がして、長押しは使ってなかった(その分ボムの個数は減るので)。でもそれは浅はかだったっぽい。


昨日は息子のサッカー教室の送迎。いつもは僕が自転車で先導して後ろから息子がついてくるパターンが多いんだけど、昨日は息子を先に行かせて、後ろから僕がついていった。おおむね正しい速度を守ってたので安心。


「弱虫ペダル」の影響なのか、やたらギアを変える(ずっと平地なのに)のと、軽いギアにしたときにめちゃくちゃ速くペダルを回すのがかわいい。それなら、どうせスピードはそれほど出ない。


3月12日(金)「はなぢでるたろう」

昨日のこと。職場で業務開始した5分後ぐらいに、マスクの中でタラリと鼻血が。立ち上がって「すみません、ティッシュください」とアピール。その後トイレに行って手を洗い、トイレットペーパーをちぎって鼻に詰め、マスクを交換。


ひと騒動があって、ようやく鼻血が止まってから、なんかちょっと笑えてきた。僕はここ半年ぐらい、同じチームの同僚の「始業のタイミング」に腹を立てているんだけど、そのことがちょっとバカらしくなった、というか。


電話機のステータスを「準備中」から「待機中」に切り替えると、電話を受けられる状態になるんだけど、この「待機中」にした順番に電話が入ってくる。んで、「8時始業」っていう時に、僕は「7時59分45秒ぐらい」に「待機中」にするんですね。で、そうするとほぼ毎回必ず、僕がトップバッターになる。Aさんは時計を見ていて「7時59分59秒」に待機するんだけど、BさんとCさんはしばしば「8時00分00秒」を過ぎてから待機する。


この「あわよくば少しでも楽をしたい」っていう精神は何なんだよ、と。いや、「少しでも楽をしたい」っていうのは当たり前の気持ちだから別に否定することない、と思うけど、その分僕が毎回仕事量が増えてることに、気づいてないのかね。気づいてるけど、それでいいと思ってるのかね。と、「人としてナメられてるんじゃ」みたいな気持ちで、腹を立てていた(というか今も腹を立てている)。


で、なんでこれがムカつくかと言うと、この気持ちを誰にも言えないからなんだけど。わかるかな。「俺にトップバッターをやらせやがって」みたいなセコいことを言う奴だと思われたくない、っていうしょうもない見栄がある。それで、「ナメやがって」みたいな気持ちを内向させてるんだ。


で、この前「何度出しても収まらない便意」への恐怖からの早退があって、昨日は「朝から鼻血」で15分ぐらい戦闘不能状態があって、まあ「迷惑はお互いさま」かな、みたいなことでちょっと気持ちがほぐれた、というか。


それで、そう言えば僕のスプラトゥーンのユーザーネームが「はなぢでるたろう」なんだけど、そのことを思い出して、その場で同僚に言いそうになった。「いやあ、僕スプラやるときの名前が“はなぢでるたろう”なんですけど、マジで鼻血出ちゃいましたね」みたいな。


危ない。そんなことを口にして、同僚の誰かが検索マニアで、この日記にたどり着いたとしたら。相当に恥ずかしい。まあ、こうやって日記をウェブで公開してるんだから、「恥ずかしながらも読んでもらいたい」と思ってやってるんだけど、それでも実際の知り合いに見られるのはやっぱりちょっと抵抗があるな。というか、読まれるのは別にいいんだけど、「読まれてる」ということを知ってしまうと、書くのが楽しくなくなる気がする。


僕が深夜ラジオにネタメールを投稿するときの名前は「最近ちょっと鼻血出る太郎」なんだけど、それも同僚には知られたくない(実際にはほとんど採用されたことはないんだけど、投稿が楽しくなくなる、ということ)。


いやあ、危なかった。


(続きはこちらです↓)

www.savacan3rd.com

 

 

(1つ前の記事はこちらです↓)

www.savacan3rd.com

 

スポンサーリンク