鯖缶@3rd&forever

2児(娘8歳、息子6歳)の父のエッセイブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターあるあるなど。

スポンサーリンク

スプラトゥーン日記2021(007)

2021年3月1日(月)「バイトの時給がもう上がらない件」


昨日は、バイト先で半年に一度の評価面談。僕は、上位15%に入るランクの評価をしてもらったけど、時給はアルバイトスタッフとして上限に達しているので次の更新も時給は上がらない(半年に一度繰り返し同じことがここ10年起きてる)。


若い頃は、「お金よりも大事なものがある」とか雑に思ってた。というか、今でもそう思ってる。だけど、それはそれとして、「お金」以外の尺度で、「他人からのリスペクト」を感じるのって「ムリ」だな。と思う。「日々のねぎらいの言葉、気持ち」があっても、(極端な話)無給で働いていたとしたら、それは「人として尊重してないことのごまかし」にしかすぎない。


だから、「非正規雇用のアルバイトスタッフの時給に上限がある」っていうのは端的に言って差別だ。「正社員とアルバイトでは責任範囲が違うんだから給料が違うのは当然」みたいに思う人もいるだろう。でもね、「アルバイトだから任せられる責任に上限がある」って、それこそ差別じゃないですか。20年間ほとんど無遅刻無欠勤の僕が、入社して2年目の正社員よりも権限を与えられていてもおかしくないですよね。


…みたいな話を、半年に一度する。昨日もした。多分これからもするんだろう。


昨日の昼休みに、久しぶりにNBAの試合をスマホ観戦したら面白かった。去年は8月から10月まで、NBAもちょっと追いかけていて、また見ようと思って、去年の12月(NBAの新シーズン)から「年間パス」に課金していたのだった。


「NFLがオフシーズンになったら寂しくなるから、NBAをなるべく見よう。月ごとの視聴契約を2月から課金するのも、年間料金払うのも同じだから、年間契約すればいいじゃん」と思って入ったんだけど、ここに至るまで全然見てなくて、お金をドブに捨ててる状態だった。


「あんまり見る気にならないNBAを無理やり見る」というのは、「お金に加えて時間までドブに捨てることになる」わけであって、無理して見ることもないんじゃない、と思ってたんだけど、昨日は見る気になった。


と、ここまで書いて気づいた。僕は去年の12月から、昼休みのあるロングシフトが2回から1回に減っていたんだった(妻が働き始めたため)。そして、平日3回の13時上がりシフトでは、子どもが学校から帰るより先に家に着きたいので、結構急いで帰ってくるルーティンに切り替わってた。


昼休みと、会社帰りにカフェで翻訳仕事をするときの合間にNBA見てたのが、両方の機会がなくなったのが、関係あるかもしれない。(急いで帰ってくるけど、家では時間があるので家でNBA見ればいいんだけど、家ではスプラをやりたいので)


「NBA見る気にならない」というと、「気分、気持ちの問題」のような感じがするけど、どちらかというと「機会、ルーティンの問題」なのかもしれない。(NBA観戦のやる気スイッチが入らなくても特に困ることはないんだけど)

 

3月2日(火)「当たり前のことだって自慢に思えばいい」


今日は5時20分起き。1時間20分の寝坊なんだけど、まあ仕方ないかな、と思ってる。昨日は、夕方にプールに子どもたちを連れていき、帰ってきて、晩ご飯を食べさせ、片付け、選択をしてそれを干してから寝たので、いつもより1時間20分ぐらい寝るのが遅くなったからだ。


コロナ禍で、1年前まで子どもたちが通っていた水泳教室が中断してしまった。ほとんどボランティアの先生が、公営プールのレーンを借りてやる同好会っぽい教室なので、中断は仕方ないかな、という感じ(詳しくは知らないけど、営利団体の教室ではないはず)。


娘は「プールもうやらないでいい」と言ってたんだけど(友達と遊びたいらしい)、息子は「プール行きたい」とずっと言っていて、別のスクールに通わせることにした。


もっと早くからそうしてやればよかった、とも今になっては思うんだけど、そうできなかった。「やりたいことも我慢しろ」という雰囲気の世の中で、「子どもの新しい習いごとをセッティングする」という「面倒なこと」をやるのはエネルギーが必要なわけであって。僕にはそれができなかった。


でもまあ、気温が上がってくるタイミングで通わせることになって、来週体験に行く。息子はもう1年もプールに入っていないので、その前に一度練習しておこうか、と。なにせクロールを覚えかけの段階だったんだ。


プールでは「子どもたちがリラックスして遊んでるのを見られてよかった」ぐらいの感想しかないんだけど、それでもうれしかった。何しろ、「面倒な思い」を克服できたのは久しぶりのことだったから(結局自分のことばかり気にしてて呆れる)。


帰ってきて、洗濯を終わらせたのも自慢。妻が年度末で忙しく、残業で21時帰りになってるので、少しでもリラックスして寝てほしいんだ(「明日早起きして洗濯しなくちゃ」「寝る前に洗濯しなくちゃ」と思わずに済む)。


このぐらいやっても当たり前だろ、とも思うんだけど、その当たり前を自慢に思うぐらいがちょうどいいのかな、とも思う。


それで寝る時間遅くなったんだけど、夕飯食べてからスプラを1時間ぐらいやってたので、まあ甘ったれた話ではある。


(続きはこちらです↓)

www.savacan3rd.com

 

 

(1つ前の日記はこちらです↓)

www.savacan3rd.com

 

スポンサーリンク