鯖缶@3rd&forever

2児(娘8歳、息子6歳)の父のエッセイブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターあるあるなど。

スポンサーリンク

スプラトゥーン日記(035)

(僕のスプラトゥーン修行を題材にした私小説です。95%実話ですが、あくまでもフィクションです。1つ前の日記はこちら↓)

スプラトゥーン日記(034) - 鯖缶@3rd&forever

 

2020年7月17日(金)

ヤバい感じがする。金曜は毎週のように落ち込むのが続いていて、今日もそうだった。仕事中。あまりにヒマすぎるので、掲示板に記載のある「職場での感動体験」の記事をしらみつぶしに読んでいった。業務連絡のための記事リストの中で、従業員のモチベーション向上のためなのか、謎のエッセイ記事の記載があって、僕はそれを2年分ぐらい読まずにいた(業務が忙しくて、必要な情報以外を目にする時間なんてなかった。99%のスタッフは読んでないだろう)。そんな記事を、いっぺんに読んでいった。


「クライアントと飲みに行く機会があって、普段の仕事ぶりに感謝のお言葉をもらった」「上司に叱られたけど、その上司は僕の代わりに顧客に謝りに行ってくれた」「粘り強く苦情対応していたら、最後にはお客さんから褒められた」とかそんなチープな感動をチープにまとめたコラム集。全国に散らばるセンターから、集められた投稿を編集したようなやつ。


読みながら、僕は涙を堪えるのに必死だった。そのコラムに感動したんじゃなくて、うらやましくて、憎たらしかったからだ。僕は、そんな「上司と部下が認め合う絆」みたいな場所から、仲間はずれにされている。そう感じて、悔しくてしょうがなかった。


途中で読むのをやめればいいんだけど、やめられない。なぜなら、ヒマだから! 誰よりも実力があるはずの僕に、誰も何も相談しにこないから!


ねえ、僕は、職場で認められないことが悔しいなんて、そんなことを思うこと自体が悔しいんだ。でも、その思いをなかったことにするには、今の仕事はヒマすぎる。ヤケを起こして、感情的になって意味不明な怒りをぶちまける前に、冷静に抗議するべきなんだろうけど、あんまり自信ない。


7月18日(土)

今日の戦績はヤバすぎた。昨日の心の荒み具合を引きずったような感じでもなかったと思うんだけど、どこかで投げやりな部分があったのかもしれない。


ガチヤグラ(B)6勝8敗。ガチエリア(B+→B)1勝8敗。ガチホコ(A)1勝9敗。ガチアサリ(C+)1勝1敗。


こんな勝ち負けの数をメモしてるだけでは意味ないんだけど、負けすぎて、何も思い出せない。覚えてるのは、ガチホコで1回だけ勝てたのは、「ホコを確保すると必ず自陣に持って帰るマン」が相手にいたから。僕も前にボールドマーカーで裏取りしまくってたら方向が分からなくなって自陣に大きくホコを運んでしまったことがあるけど、今日相手にいた人は何度もやってたから絶対にわざと。僕のすさんだ心に拍車をかけた。

 

コントローラーをテレビ画面に投げつけなかったことだけが唯一の勝利。今日はダメすぎた。勝ち負けは、自分だけでコントロールできるものじゃないから(どんなにいいプレーをしても負けることもあるし、その逆もある)、自分の中で課題を作って、それだけでもできるかどうかに集中するのがいいはず。そこからやり直そう。


夕飯に、枝豆を茹でたんだけど、その茹で加減と塩加減が絶妙だった。でも、ツイッター片手に適当にやったので、まったく再現できない。スプラも同じ。適当にやって偶然うまくいっても、再現できなければ次は負ける。


7月19日(日)

今日は会社で自分の「不遇」にだけ意識がフォーカスするような精神状態は避けられた。タイピング練習のファイルを見つけて、それをやってたら気が紛れた。思うに、43歳でも適度な向上心があった方が心の持ちようが収まりやすいんじゃないか。業務中に読んでいい本(一応業務に関係ある)も見つけたので、それを読めばいいや。


昨日の不調を思い返してみるに、ガチエリアは「モンガラ」、ガチホコは「デボン」と、苦手ステージに繰り返し挑んで負け続けて、プレーが荒れたというのが1つと、ガチホコとガチヤグラで、「復活短縮」が楽しいので、それをガチエリアでもやろうとして失敗したこと(ゲームプランとしても、その遂行としてもいまいちだった)かと思った。


課題は、敵の位置を把握することだ。敵の位置が分かっていなければ、エイムも立ち回りも精度を問われる以前の問題。現状の僕は、この把握がテキトーで、安全か危険かの判断が雑すぎる。ただでさえエイムが悪いのに、敵が見つけられなければエイム以前の問題。ならばどうするか。うーん、ちょっと考え中。何ができれば、索敵の精度が上がるのか。


ガチエリア(B)2勝2敗。昨日気の迷いで外していたサーマルインクを付け直したら、やはり大分楽だった。


ガチホコ(A)4勝0敗。あと1回負けたらウデマエダウンの状況から望外の4連勝で、ウデマエキープのラインを超えた。ホコを見失うことはほとんどなかったと思う。

 

(続きはこちらです↓)

 

(スプラトゥーン日記、第1話はこちらです↓)

www.savacan3rd.com

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

  • 発売日: 2017/07/21
  • メディア: Video Game
 

 (↑Amazonのリンクです)

 

 

スポンサーリンク