鯖缶@3rd&forever

2児(娘8歳、息子6歳)の父のエッセイブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターあるあるなど。

スポンサーリンク

スプラトゥーン日記(025)

(僕のスプラトゥーン修行を題材にした私小説です。95%実話ですが、あくまでもフィクションです。1つ前の日記はこちら↓)

スプラトゥーン日記(024) - 鯖缶@3rd&forever


2020年6月13日(土)

ガチヤグラ(B-)2勝2敗。オーバーフロッシャーを使っていても、やはりキルを取るのは大事なはず。勝ち試合では、重要な場面(ピンチにせよチャンスにせよ)でキルを取れてることが多くて、それが勝敗を分ける。でも、それが難しい。


ガチホコ(B)2勝2敗。ボールドマーカー7で。相変わらずものすごく下手くそなんだけど、楽しいことは間違いない。ウルトラハンコ、発動した直後に地面に投げ捨てたのが2回続いて、味方の人すみません。ふざけてたんじゃなくて、真面目にやった結果があれなんです。さすがに練習したよね。


ガチアサリ(B→B-)1勝2敗。ホッケふ頭で、カーリングボム流したくて銀モデラー持ってるのに、アロアナモールが来る流れ。この、「2つのステージのどちらが来るかわからない」というガチマッチの仕様、おもしろいな。「選択肢絞った上で最後はくじ引き」


ガチエリア(B-)2勝3敗。今日は、「デスした場面で録画をして、試合終わってからそれを見る」というサッカー小僧みたいなことをやってみた。すると、結構予想と違ってたことが分かった。デスした時、8割は「敵の存在に気づけてなかった」のが原因だった。なんとなく、「エイムが合わなくて、撃ち合いに負けるから俺は下手なんだ」と思ってたけど、実はそんなことはなくて、「相手の存在にそもそも気づけてない」と。なるほど。じゃあどうしたらいいか、はまた今度考えよう。


6月14日(日)

ガチホコ(B)1勝2敗。ボールドマーカー7。ウルトラハンコ、おもしろいな。何回も連続でスーパーチャクチするようなもんじゃん(違うか)。最後に投げれば、ナイスダマ投げてるのと実質同じじゃん。つかいこなせば、スペシャル4回分ぐらいの価値があるんじゃね(違うか)。


ガチヤグラ(B-)2勝1敗。プロモデラーPG(銅モデラー)で。ギアもスペシャル増量をできるだけ積んで、ひたすらヤグラにナイスダマを落とすマシーンになる。やってみたら、こんな簡単なことはない。なんで今までこれをやらなかったのか。どうせプライムシューターでキルが取れないんなら、銅モデラーを使えばいいじゃないか。戦法としてはダサいかもしれないけど、ダサいとか言ってる場合じゃない。一番勝てそうな手を選べばいい。


6月15日(月)

ガチホコ(B)0勝5敗。ガチヤグラ(B-)5勝10敗。プロモデラーPG(銅モデラー)を持って、ナイスダマを落としまくる戦法だったんだけど、わずか1日で崩壊。確かに何度もナイスダマ使えたんだけど、案外逃げられるし、ナイスダマ終わったあと狙われるし。B帯ってそんなことできるのかよ。僕はできないんだけどな。ヤグラのナイスダマ落とすだけの簡単なお仕事で、A帯ぐらいまでは上がれるんじゃね、と昨日は思ったんだけどな。


感想としてはナイスを押してくれた味方に申し訳ない、という点と、ナイスダマ投げるだけの大味な戦法が通用しなくてちょっと安心した、という感じ。クイックボムで味方と組んで相手を狙ったり、別の戦い方を組み合わせないと弱いっぽい。


6月16日(火)

ガチヤグラ(B-)1勝4敗。プロモデラーPG(銅モデラー)で。「ナイスダマだけの大味な戦法」とか自分でも思ってたのに、諦めきれずに、ギアパワーをメイン3つに加えてサブも5つ分まで増やした(そこで「かけら」が足りなくなった)けど、それでも結果は好転せず。


ガチホコ(B)7勝5敗。プロモデラーPG(銅モデラー)で3勝4敗。ボールドマーカー7で4勝1敗。時代はウルトラハンコ。


ガチアサリ(B-)3勝1敗。ガチエリア(B-)5勝1敗。こっちはオーバーフロッシャーで。いろんなブキを持った経験が生きたのか、安定してきた。

 

6月17日(水)

今日翻訳しててうれしかったこと。大学フットボール部の、応援歌が出てきて、その歌詞に出てくる、「ブルドッグ」と「スズメバチ(yellow jacket)」がそれぞれ、「どうせライバルチームの愛称だろう」と予想して、案の定2分で確かめられたこと。正しく予想できれば、検索もサクっと終わる。これが予想できないと、なんでブルドッグが出てくるのか分からなくて、訳せない。(ブルドッグが相手チームの愛称と分かると、「犬、猛犬などとせず“ブルドッグ”と出すことが重要」と分かるし、「勇猛にチームを奮い立たせるトーン」を選択することになる。


「たぶんこういうことなんだろうな」という「勘」は、それまでの知識の総合力で出てくるものなので、それがハマると自信が湧いてくる。


ガチヤグラ(B-)1勝1敗。ガチアサリ(B-)2勝4敗。もみじシューターで。特にこれといって手応えなし。


ガチホコ(B)4勝4敗。オーバーフロッシャーデコで、勝敗自体は5割だったんだけど、ガチホコはちょっと手応えあった。タチウオパーキングで、「防衛の時のオーバーフロッシャーは強いな」と思っただけの話なんだけど。相手の弾は絶対届かないのに、こっちはバラマキ放題。「(弱いけど)スプラッシュボム+(相手を自動追尾しないけど偶然のはね返りだけど)ロボットボム」の無限ボムピッチャーみたいなもんじゃん、と思って。なんとなくその気づきだけでちょっと強くなったような気が。相手のホコを遅延させたり、足場を奪って味方がキルを取りやすくするイメージで、「適当に弾をばらまく」感じ。この「適当」っていうのは「狙いすましたエイムとタイミングでなくてもいい」という意味の「適当」であって、「この状況ならどこに立ってどこを狙うか」という判断はなるべく正確にする。そんなイメージでどうか。

 

(続きはこちらです↓) 

www.savacan3rd.com 

 

(スプラトゥーン日記、第1話はこちらです↓)

www.savacan3rd.com

 

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

  • 発売日: 2017/07/21
  • メディア: Video Game
 

 (↑Amazonのリンクです)

スポンサーリンク