鯖缶@3rd&forever

2児(娘8歳、息子6歳)の父のエッセイブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターあるあるなど。

スポンサーリンク

最近気づいたこと(2019年11月)

ツイッターで僕が無鉄砲につぶやいたことを、時々振り返って反省するコーナーです!(「最近」と言っても、取り上げているツイートは結構前のものです。かなり前に取ったメモを振り返って反芻する、なんとも悠長なことをしています)


今回はこんな感じ・・・

 

 

治せるのは自分だけ

 
自分の足音の大きさに無頓着な人が時々いる。そいつは「えばりんぼう」だと僕は決めつけてる。


自分の存在が、他人の楽しみを邪魔してしまうかもしれない(例えば、居眠りとか、読書とか)という発想があれば、大人になるまでの間に、自分の足音の大きさをコントロールすることを、きっと身につけてるはずだから。


足音がデカい人は、その根っこの部分で、他人への配慮を欠いているんだ、どうせ。でも、えばりんぼうを治す薬なんてない。もしそんな薬があって、処方したとしても、そいつはどうせ体に塗らない。


だから、僕は「毅然としてスルー」だ。そうできるように自己暗示を繰り返しかけるようにしよう。こっちがビビらなければ、調子に乗ってナメてくることもない。


(ここまで決めつけておいて、こんなこと言うとつまらないんだけど、体の使い方が不器用な人、障害がある人はいるから、他人に配慮したくてもどうしても足音が大きくなってしまう人だっているだろう。足音だけで他人を判断しちゃいけない)


マンガ「累(かさね)」(松浦だるま)を読んだ

[まとめ買い] 累

[まとめ買い] 累

 

 (↑Amazonのリンクです)

 
「この世のものとは思えないほどの醜女」が、「他人と顔を入れ替える呪術能力が具現化された口紅」を使って、「絶世の美女」と顔を交換し、舞台女優としてスポットライトを浴びる、という仕掛けのサスペンス。


(老若男女問わず)誰しも、自分の容姿に何らかのコンプレックスを持ってるし、変身願望を持ち合わせてる。普段そんなこと気にしてない人でも、ふとしたきっかけで美しさへの嫉妬に身を焼かれることがあるかもしれない。そんな恐怖が、このマンガの吸引力になる。


(ところで、「美男美女」にもひょっとしたら人一倍の恐怖があるのかもな、と想像した。自分でも自分のことはイケてると自覚して、他人からも美しいと思われてることをわかっていたら、それを失うのはさぞ恐ろしいことだろう。自分より美しい誰かはさぞ憎らしいだろう)


さて、20代の頃に熱心に演劇をやっていた僕からしてみれば、恐ろしいのは「演劇の魅力」だ。僕自身を含めて、当時劇団に入ってきたメンバーは、どちらかというと内向的な性格の連中ばかり。感情表現も、コミュニケーションも得意じゃない。目立つのだって苦手な奴が多かった。


でも、というか、だからこそ、「今までうまく表現できなかった、本当は目立ちたがりな自分」を肯定できる場所としての演劇は、かなり中毒性があった(僕は脚本、演出という裏方だったから、ちょっと違うかもしれないけど)。


その、「演劇の中毒性」が、物語を先に進ませる力として常に機能してたように思う。最後までテンションを落とさずに読めた。

 

フォーマットありきなのかよ

 
上のツイートで何を言いたいのか、自分でもいまいちよく分からない。でも、僕としてはちょっと興味があることなので。


例えば、オタクがネットスラングを使って会話をしたりする時。ネットスラングというか、ある種の会話の成り行きのテンプレートとか。ツッコミのセリフとか、ある種の「分かる人だけが分かるルール」でコミュニケーションを成立させる時のこと。


「オタ芸」(高速で両手をシャカシャカさせるダンス)のことを思ってもいい。普段「自分の心を開いてテンションを上げる」ことが苦手であろう人が、なんでオタ芸だったらあんなにもテンション上げられるんだよ、みたいなことにちょっと興味がある。


「調子に乗ってる奴」が嫌いだったはずなのに、自分が優位に立てるフォーマットでは調子に乗っちゃうのかよ、という。僕としては勝手に「裏切られた感」を持ってる。


僕はこんなこともツイートしてた。こっちの方が分かりやすいかもしれない。

 
これは、6月の半ばのツイートで。ハロウィンへの嫉妬を話すのに、一番遠くの季節な気がする。それだけ「盛り上がりに水を差さないように気をつけた」のか、単に恨みが深いだけなのか。


僕はハロウィンが苦手で、というかどちらかというと憎んでいる。特定の「ノリ」を受け入れて、それに乗らないと「サムい奴」みたいな扱いにしてくるあの空気は、「面白い人間のつもりのいじめっ子と、それに便乗する取り巻き」を思わせるからだ。我ながらひどい被害妄想だけど、どうして苦手なのかを言語化しようとするとそうなる。(特定の誰かのことを攻撃したいわけではないので、「モテない奴がひがんでるだけ」と聞き流してくれるとありがたいです)


それで、ハロウィンはまあしょうがない。誰が何を楽しんだっていい。誰が何を楽しんだっていい、ということの方が大事。僕だってクリスマスは「どちらかと言えば好き」なんだから、単に慣れの問題だ。


それはいいんだけど、憎たらしいのは「地味ハロウィン」だ。卑怯じゃないか。「地味ハロウィン」が成立するのは、「全力で仮装してる人」がいるからじゃないか。「本気ハロウィン」をバカにしながら、ちゃっかり便乗してる。


自分で書いていてちょっと驚いた。自覚してたよりマジで嫌いみたいだ。ハロウィンの悪口はもうよしておく。


僕の興味としては、「祭り」を盛り上げるのには「他を排除して内輪を作る」ことが必要になると思うんだけど、いざ祭りに参加してしまうと「他を排除してる」ということに自覚的になるのは難しい、ということだと思う。そのことはまた考えてみたい。

 

その他のツイート

「メモを取る」みたいなつもりでツイートしていることが多いので、自分的に覚えておいてもいいかも、ということを貼りつけておきます。



 

 

(1つ前の「最近気づいたこと」はこちらです↓)

www.savacan3rd.com

(1つあとの「最近気づいたこと」はこちらです↓)

 

www.savacan3rd.com

スポンサーリンク