鯖缶@3rd&forever

2児(娘7歳、息子5歳)の父の雑記ブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターあるあるなど。

スポンサーリンク

【子連れでおでかけ】350円で入れる「流れるプール」! 東部公園プール(花小金井)に行ってきた

西武新宿線、花小金井駅から徒歩5分にある、「東部公園プール」に、6歳息子、8歳娘を連れて行ってきました。


子どもが絶対喜ぶ「流れるプール」が、たったの350円(中学生以下は100円!)で楽しめる、おすすめポイントです。(小平市の施設です)


「流れるプールが市民プールの値段で入れる。なぜなら本当に市民プールだから」というのがこの記事で伝えたいことのほぼすべてですが、以下実際行ってみて気づいたことをメモしました。参考にして、ぜひお出かけください。

 

(2019年8月時点での情報です。最新情報は、小平市のページで確認してください↓)

屋外プール(萩山公園プール・東部公園プール)|東京都小平市公式ホームページ

 

(スポンサーリンク)

?

もくじ

料金

大人 350円 子ども(中学生以下)100円

※利用時間は2時間。延長料金は1時間175円なので割増はなし。良心的ですね。

 

アクセス

①西武新宿線「花小金井駅」下車

②改札(1つです)を出て左、「北口」の階段を降ります。

③左へ。商店街を線路に平行して小平(新宿線の下り)方向へ歩きます。商店街出たら横断歩道を渡って右へ。

④歩道橋があるところで左折(歩道橋には登らずに)。

⑤公園の敷地っぽくなります。小平市立第五小学校の門が見え、その右に細い歩道があります。その歩道を歩いていけばプールです。

f:id:savacan:20190808011056j:plain

写真右奥の路へ歩きます

 

 ※公園に駐車場なし。車の場合は民間の駐車場を利用になります。

※子どもの足で徒歩5~7分程度だと思います。


どんなプール?

・ひょうたん型の島の周囲を水路が1周する「流れるプール」がメイン

・流れるプールは水深1メートル。

・1周5分程度。流れが急になったり、緩やかになったりして楽しめます。

・流れるプール以外に、幼児用プール(水深0.2メートル、0.4メートルの2つ)、25メートルプール(水深1.2メートル)あり。


いいところ、注意点など

・プール敷地内に売店なし。水筒、ペットボトルは持ち込みOK。プール入口(更衣室の建物)を正面から見て右側に自動販売機ありました。(プール敷地内に水道はあります)


・ロッカーは10円(返却なし)。10円玉を忘れずに。ロッカーは小さいです。荷物少なめがおすすめ。


・監視員の人数豊富(僕が行ったときは7~8人はいました)。子どもらに(威圧的でなく)こまめに注意していて、比較的安心できます。


・浮き輪OKですが、ゴムボート、ビーチボールはNG。


・シャワーあり。ただし冷水。シャンプー禁止。


・小学校3年生以下は保護者付き添い要。保護者1人につき子ども2人まで入場可のようです。


利用期間

・2019年は、7月12日~9月1日の営業。

・9:30~17:00

・屋外プールなので、雨天、荒天の場合お休み

※最新情報は小平市のページにてご確認ください。

 

 

まとめ

なんといっても、公営プールなので激安なのが最大の魅力でしょう。


遊園地などのプールと比べれば、売店もありませんし当然飲酒も写真撮影もNGなので、リゾート感は少し減りますが、子連れの親としてはそちらのほうがむしろ安心かと思うので、大変おすすめです。

 

西武新宿線の沿線の方、自転車やバスの圏内の方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

 

こちらもあわせてどうぞ。花小金井駅から、コミュニティバスで8分で行ける「多摩六都科学館」も子連れにはおすすめ。あわせて行ってみるのもいいかも↓

www.savacan3rd.com


ウォータースライダーなど、より本格的に遊びたいなら昭和記念公園のレインボープールがおすすめです。家族で1日楽しめます↓

www.savacan3rd.com

 

 (↑Amazonのリンクです)

スポンサーリンク