鯖缶@3rd&forever

2児(娘7歳、息子5歳)の父の雑記ブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターあるあるなど。

スポンサーリンク

【子連れで1泊旅行】清水公園フィールドアスレチックに行ってきた(BBQ、バンガロー宿泊)

千葉県野田市にある「清水公園」に6歳息子、8歳娘を連れて行ってきました。最初に結論を伝えると、「子どもが体を動かして1日遊べる」「BBQ初心者でも、事前準備ゼロでアウトドア気分を味わえる」という場所で大変おすすめです。


以下、「子連れ」という観点で感想や料金、所要時間についてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。


(当記事では、2019年7月時点での料金で記載しています。最新情報は公式サイトでご確認ください↓)

<清水公園公式サイトはこちら>


もくじ

 


アクセス

(電車)
東武アーバンパークライン(東武野田線)「清水公園駅」下車 徒歩10分

※ただし、公園内は広いので、フィールドアスレチックやキャンプ場までは駅から20分程度かかると思います。


(車)
常磐自動車道、流山インターで降りてから15~20分


(※バンガロー宿泊、バーバキューの「キャンプ場」利用の場合、「清水公園第3駐車場」をカーナビの目的地に設定するのが近いです)


フィールドアスレチック

 

f:id:savacan:20190726211723j:plain

体を使ってめいっぱい遊べます

 

・料金:大人(中学生以上)1000円、小学生700円、幼児(4歳以上)200円です。

・所要時間は3時間程度。

・雨天休場だそうです。雨天の翌日の場合にも、休場や開場を遅らせる場合などがあるようなので、要注意かと思います。

・8歳娘(小2)がクリアできなかった課題が1~2割程度でした。小2~小4ぐらいの子どもが一番楽しめそうに思いました。

・100個ある課題のうち69が幼児使用不可(水上コースはすべて幼児NG)なので、挑戦心旺盛な年長さんはちょっと悔しい思いをするかもしれません。

・運動靴は必須です(サンダル等は禁止)。軍手を持っていくと、親としては安心度が増します。

・ロッカーは有料です(200円)。僕は「必要なものだけ持って、あとは車に置いてくればロッカー代かからなかったのに…(涙)」となりました。(服が濡れたり汚れたりするので、アスレチックの更衣室で着替えさせる場合はやむを得ないと思いますが)


・場内売店で軽食あります。ラーメン600円、カレー550円。味は普通ですが、運動したあとに食べれば最高においしいでしょう。自動販売機のドリンクも割増料金なしで購入できます。

 

ポニー牧場

f:id:savacan:20190726212042j:plain

初心者でも簡単です

・入場料:大人(中学生以上)450円、子ども(4歳以上)400円。

・ポニー乗馬1回400円。

・上野動物園などが小学生以下無料なので、それと比べると高い入場料に思えるかも? せっかくなら、「ポニー乗馬」はぜひ体験したいところ(1周1分ぐらい)。スタッフの方がポニーを引いて歩いてくれるので、初めてでも心配無用です。写真を撮るのに絶好ですよね。

・場内に、遊具がたくさんありますのでフィールドアスレチックに挑戦がまだ難しい3歳~5歳ぐらいの子どもを遊ばせるなら、ここがいいと思います。

・所要時間は30分~60分程度


アクアベンチャー+巨大迷路

f:id:savacan:20190726212229j:plain

大人もハマるかも?

・料金:大人(中学生以上)650円、子ども(4歳以上)550円、ファミリーセット(大人1人+子ども1人)1000円

・アクアベンチャーは、「噴水の迷路」。大小の噴水が上がったり下がったりする間を縫うようにして歩く遊びです。子どもたちは大喜び。年長~小3ぐらいに最適なように思いました。

最初は水に濡れないように気をつけて遊んでいますが、そのうち絶対に水をかぶりながら遊ぶようになるので、着替えの準備は必要です。巨大迷路を先にクリアするとよいでしょう。

・巨大迷路は、見た目それほど広くはありませんが、行ったり来たり、アップダウンもあって簡単ではありません。8歳娘(小2)が15分ぐらい、6歳息子(年長)が30分ぐらいでクリアしました。炎天下に幼児がはぐれたりすると危ないので、目を離さないように要注意かと思います。(とはいえ、ギブアップ用のドアも用意されてますので、ある程度判断力がある年齢なら大人が助けずに挑戦させてみるのもいいかもしれません)

・所要時間は合わせて60分程度


バーベキュー


・料金:入場料1人450円+貸炉料4100円~4600円(曜日などで変動あり。また、宿泊とセットで変わるようです)


・食材は持ち込みもOKですし、「てぶらでBBQ」(1人前1600円、4人前以上)も予約できます。


・網、炭、着火剤が料金に含まれています。初心者でも簡単に火を起こせます。その他焼きそば用のプレートや鍋など、だいたいのものはレンタルできます。(張り切りすぎて食材を余らせるのが嫌だったので、うちは「網」だけにしました)


・屋根あり。雨天でも大丈夫です。


・わが家の場合は、「食材持ち込み」を選びました。「てぶらでBBQ」もいいな、と思いましたが、5日前までにキャンセルしないとキャンセル料発生なので見送りました(雨でアスレチックができない状態ならキャンセルするつもりだったので)。


・BBQ初心者の目線では、「厚めの肉の方が失敗が少ないかも?」と思いました。半額になっていた「国産和牛」の薄切りを買ったのですが、結構焦がしてしまいました…(おいしかったですが) 豚肉、鶏肉が好評でした。


・子どもたちのリクエストで「焼きマシュマロ」もやりました。これはおすすめです!!

僕は、正直言うと「リンゴみたいなデカいマシュマロを、キャンプファイヤーみたいな燃えさかる火で焼くのが本当なんじゃないの?(←単なるイメージです) 別に楽しくないしおいしくないのに雰囲気だけやってみたいだけなんじゃないの?」と懐疑的だったのですが、やってみたら楽しかった!

肉を焼き終えてから、網を外します。竹串にマシュマロを3つほど刺して(小さい普通のマシュマロです。焼き鳥のような状態にします)、手で持って炭に近づけます。適切な時間はよくわかりませんが、なんとなく焼くのに飽きたタイミングで食べてみると、「表面はパンの耳っぽくこんがり風味で、中はとろける!」という驚きのおいしさ。

「子どもたちが自分で“焼き”を体験できる」「火を加えたことで食感が変わるおいしさ、楽しさ、火の力を実感できる」というイベントになります。

 

(スポンサーリンク)

?

バンガロー宿泊

・料金:入場料1人750円+宿泊料9000円~20000円

※宿泊の入場料を払えば、BBQの入場料は免除されます。

※宿泊料は、1人当たりではなくバンガロー1棟(6名まで)の料金。季節、曜日で変動します。夏休み期間の土日は20000円、9月以降の平日は9000円などの設定のようです)

(料金は公式サイトでご確認ください↓)

清水公園キャンプ場 | バンガロー


・冷暖房完備

・マットレスは料金に含まれています。その他毛布やタオルケットはレンタルもできます(うちはタオルケットと枕を持って行きました)。

・コンセントあり。スマホの充電もできます。

・トイレがきれい! フィールドアスレチックのトイレも、キャンプ場内のトイレも、洋式でウォシュレット。共同トイレではありますが、アウトドア初心者にはありがたいと思います。


七光台温泉

※車で10分程度、イオンタウン内に温泉施設があります。キャンプ場内、アスレチック内にもコインシャワーはあるのですが、食材買出しで公園を出るので、風呂もこちらを利用しました。

※料金:大人(中学生以上)は平日620円、土日祝など720円、子ども(1歳~小学生)は平日300円、土日祝など350円。


<七光台温泉ホームページはこちら>

茨城県立自然博物館

f:id:savacan:20190726212924j:plain

松花江マンモスの骨格標本

 

※清水公園から車で20~30分程度の場所に、「茨城県立自然博物館」があります。泊まった翌日に晴れていたら東武動物公園(車で40~60分程度)に行こうと思っていたのですが、少し雨だったのでこちらを選択しました。


<茨城県立自然博物館 公式ホームページはこちら>

・料金:一般740円、小中学生140円、幼児無料(企画展の有無で料金変動あるようです)

・所要時間は2時間程度

※博物館の本館のみで2時間程度かと思います。様々な野外施設があり、すべてを体験しようとすれば1日かかると思います。

・シンプルで良質な博物館で、おすすめです。子どもがすぐ食いつくような演出はそれほどありませんが、その分「宇宙にはいろんな星があるんだ」「地球にはいろんな石があって、いろんな動物がいるんだ」「恐竜ってやっぱり大きいんだ」と、理科学習の根本となるように好奇心を誘ってくれます。

 

(スポンサーリンク)

?

わが家のスケジュール

わが家が実際に1泊2日をどう過ごしたか、スケジュールをメモしました。計画の参考にしてください。

 

<1日目>

10:30 清水公園第3駐車場着

※駐車券を持ってキャンプ場受付へ。駐車料金が1泊1000円なのですが、受付に伝えると途中出入り可能になります。

※チェックインは13時以降なので、この時点では説明を聞いたのみ。

11:00~14:00 フィールドアスレチック

※アスレチック場内での昼食含む

14:00~14:30 ポニー牧場

14:30~15:30 アクアベンチャー+巨大迷路

15:30 宿泊チェックイン。荷物をバンガローに運び込み。着替え。

16:15~17:00 「七光台温泉」にて入浴

17:00~17:30 イオンタウン内「マックスバリュ」にて食材購入。

※「半額」「30%引き」などこの時間の買い物でかなりありました

17:45~18:15 バーベキュー準備

18:15~20:00 バーベキュー、後片付け

21:00 就寝


<2日目>

6:30 起床

7:00 朝食

※前日、バーベキュー食材調達時に、菓子パンを買っておきました。また、バーベキューで余ったウインナーを食べました

8:30 チェックアウト

9:00 清水公園出発

9:30 茨城県立自然博物館

11:30 博物館内レストランで昼食

13:00 博物館出発、帰路へ

 

実際に使ったお金

※わが家(大人2人、小学生1人、幼児1人)が実際に使ったお金をメモしました。計画の参考にしてください。ガソリン代、高速料金を除いて、合計51710円でした。

 

※以下明細です。

キャンプ場入場料 3000円

バンガロー宿泊 17000円(7月下旬、平日料金)

バーベキュー貸炉 3750円(宿泊者用料金。少し安いです)

駐車場(1泊) 1000円

フィールドアスレチック 2900円

1日目昼食(ラーメン、ソフトクリームなど)3300円

アクアべンチャー 2000円

ポニー牧場(子ども2人乗馬)2500円

七光台温泉 1840円

バーベキュー食材(紙皿、箸、翌日朝食込み。ビール、果実酒1缶ずつ) 6200円

茨城県立自然博物館 1620円

2日目昼食(博物館レストラン) 3900円

博物館おみやげ 1200円

往復の途中で買ったおやつ、飲み物など 1500円

 


まとめ

とにかく、「事前準備ゼロでアウトドア気分」が最大のセールスポイントだと思います。大抵のものは現地でレンタルか購入かできます(アスレチックでは下着の販売、運動靴のレンタルまでありました)。

また、場内の自動販売機も割増料金などなく、納得感のある値段設定も好感度高いです。バンガローは冷暖房も電源も完備ですし、トイレもすごくきれいです(屋外ではあるので、多少虫がいる程度はあります)。なので、初心者でも困ることはほとんどないでしょう。仲良し家族で一緒に行っても楽しいでしょう(逆に言うと本格的なアウトドアを楽しみたい人には、便利すぎて物足りないかもしれません)。


1泊2日、家族4人で5万円なら高くないと思いますが、もっと安くあげたい方は9月以降の平日(金曜も平日料金です)か、日帰りを検討するといいかもしれません。


以上です。少しでも参考になれば幸いです。休業日や料金、予約は公式サイトでご確認ください。(雨の場合、アスレチックは休みになるので、その点は気をつけたほうがいいと思います)

 

(あわせてこちらもどうぞ↓)

www.savacan3rd.com

www.savacan3rd.com

 

スポンサーリンク