鯖缶@3rd&forever

2児(娘7歳、息子5歳)の父の雑記ブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターあるあるなど。

スポンサーリンク

【子連れでおでかけ】多摩六都科学館に行ってきた

東京の人が西東京市にある、多摩六都科学館に子連れ(娘7歳、息子5歳)で行ってきました。<多摩六都科学館、公式ページはこちら> 

 

最寄駅が「西武新宿線の花小金井」と、東京の西の方に住んでいる人以外にはあまり馴染みのない(?)スポットで、穴場かもしれません。わざわざ出かける価値があるの? と問われれば、「少なくとも1回は行ってみる価値あり!」というのが僕の感想。(ウチからは近いのでしょっちゅう行っています)

 

「子連れ」という観点で気づいたことを中心に、どんなところか紹介します!

 

f:id:savacan:20180903103902j:plain

 

 


ギネス認定! プラネタリウム「サイエンスエッグ」

f:id:savacan:20180903103936j:plain

 

・科学館の最大のウリは、プラネタリウム。「世界最多の星の数を投影」でギネス認定だそうです!

 

・入館時に、合わせてチケット購入。予約はないので、当日先着順。(開館時間の9時半に合わせて着けば、十分購入できると思います。「夏休みの土日」などは売り切れ注意!)

 

・子ども向けに、「35分(一般より10分短い)」、「星空解説とアニメ」という内容の「キッズプラネタリウム」あり。子連れとしては「キッズプラネタリウム」がいいと思いますが、5~6歳以上なら「生解説プラネタリウム」でも全然楽しめると思います。

 

・席は自由席なので、好みの席に座りたいなら並ぶ必要があります。(※うちの家族が行った「夏休みの平日(中の上ぐらいの混み具合)」だと、上映開始30分前に並べば後方の席を確保できていました。どの席に座っても楽しめるとは思うので、子どもが並ぶのに耐えられるかとの相談、でしょうか。だいたい10~15分前ぐらいに入場開始するみたいです)

 

・プラネタリウムなので、「光るもの」は当然NG。光るおもちゃとか、光る靴とかは避けたほうがいいかも?

 

・子連れで注意したいのは、「暗いので子どもが怖がる可能性あり」ということです。映画とかで慣れていれば大丈夫と思いますが、事前に「暗くなるけど怖くないよ」とか子どもと話しておくといい気がします。(ようやく席を確保して一安心と思ったら、子どもが泣き出したりしたら親としても相当ガッカリだと思うので…)


・プラネタリウムのドームで、「大型映像」(教育番組的映像をドームに投影)もあります!(個人的には、あまりおもしろいと思わないのですが、子どもは喜んでいました。「恐竜」とか、子どもが好きなテーマなら見てもいいかも? プラネタと2択ならプラネタがおすすめです)

<公式ページ、上映スケジュールはこちら>

(スポンサーリンク)

?


料金

・入館券のみ 
大人500円、小人(4歳~高校生)200円

・プラネタリウム+入館券
大人1000円、小人400円

・プラネタリウム+大型映像+入館券
大人1400円、小人500円


クイズラリーあります(6歳~10歳におすすめ!)

 f:id:savacan:20180903104019j:plain

 

・展示室(全部で5つ)に、クイズの端末があります(タッチパネルで、4択問題などに答える)。

 

・200円でカードを作り(その場で撮った写真が入るので、子どもも喜ぶかも?)、正解数に応じてポイントが貯まります。貯まったポイントはノベルティーと交換可(ですが、1回で貯めるのは難しいかも)。

 

・「名探偵コース」「ものしりコース」「考えるコース」(それぞれ問題の傾向が少し違う)から1つ選んで挑戦します。

 

・はじめての人へのおすすめは「名探偵コース」。なぜおすすめかと言うと、このコースは「展示室のどこかに答えがある」という問題が多いからです。一度問題を見て、「あとまわし」(保留にして、後でもう一度答える)を選んでから、親子で答えを探すのがいいと思います。

(スポンサーリンク)

?


ムーンウォーカー

・科学館の名物に、「ムーンウォーカー」という装置があります。これは、「月の重力の疑似体験」として、「イスに座ってジャンプすると、6倍の力でジャンプできる!」みたいなことだと思います。

 

・身長110センチ以上、体重22キロ~70キロと、制限があります。7~8歳以上ぐらいでしょうか?(うちの子は体重が足りなくてまだ未経験)

<公式ページ、ムーンウォーカーのある「チャレンジの部屋」情報はこちら>

ランチについて

・科学館内に「六都なおきち」というカフェがあります。カフェっぽい雰囲気+メニューです。
<「六都なおきち」メニューはこちら>

・「六都なおきち」ですが、個人的には、ちいさな子連れにはあんまりおすすめできないかも、と思います。というのは、あまり広い店内でなくて、テーブル同士が近いので、子どもが騒いだり料理をこぼしたりしないか、落ち着いて食事しにくいからです。子連れというよりはデート向きな気がします。

 

・「休憩室」が広いので、混雑した日の12時台を除けば、快適に食事が取れるはずです。僕はいつも、コンビニでおにぎりやサンドイッチを買って、休憩室で食べています。

 

・「休憩室」には飲み物の自動販売機あり。割高にはなっていません。

 

・また、途中退館も可能なので、近くの飲食店を調べて、行ってみる手もあります。子連れだとそこまでやるのは面倒…という人も多いでしょうか? 近く(徒歩4分ぐらい)にピザーラ田無店があるので、パパとママのどちらかがテイクアウトで買いに行って、休憩室で食べる、という手もあります。


アクセスは、「田無タワー」が目印

f:id:savacan:20180903104104j:plain

 

・西武新宿線の花小金井駅から、「はなバス」(西東京市のコミュニティバス)で行く場合には、科学館の前に着くので道に迷うことはないと思うのですが、他のバス停から歩く場合、車で向かう場合に目印になるのが「田無タワー」です(正式名称はスカイタワー西東京)。<公式ページ、アクセス情報はこちら>


・科学館に隣接しているので、この電波塔が見えていれば、道は間違っていないな、と確認できます。(写真は、バス停「科学館南入口」から向かう途中のものです)

 

(スポンサーリンク)

?


その他、気づいたこと

・「カプラ」がやり放題の「カプラひろば」、知恵の輪やパズルが実際に遊べる頭脳コーナー(シルバーのボランティアさんが教えてくれながら)があって、うまく子どもを誘えばたくさん遊べるかも。

 

・だいたい4歳ぐらいから楽しめると思います。

 

・所要時間は、プラネタリウム1回見ると仮定して、3~4時間ぐらい。ただし、ゲームとかクイズラリーとかにハマれば1日遊べます。

 

・土日には、工作や実験ができる小学生むけのワークショップがあります。夏休みの間などは大人気(自由研究になるから?)なので、ワークショップに申込みたい人は、開館前から並びます(9時ぐらいでしょうか?)。


まとめ

上野の「国立科学博物館」と比べてしまうと、ちょっと「手作り感」を感じるところなので、「わざわざ遠くから出かけるほどのところか」と言われればちょっと微妙なのですが、名物のプラネタリウムもありますし、少なくとも1回は行っても後悔しないと思います!

ぜひ、お出かけになってみてください。

 

(スポンサーリンク)

?

 

 

www.savacan3rd.com

www.savacan3rd.com

www.savacan3rd.com

スポンサーリンク