鯖缶@3rd&forever

2児(娘7歳、息子5歳)の父の雑記ブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターあるあるなど。

スポンサーリンク

タトゥーについて思うこと

最近少し話題になった「タトゥー」について、ツイッターでいろんな意見を目にした。僕はタトゥーについて興味がある。それは、「自分も入れてみたい」ということでも、「歴史・文化的に面白い」でもなく、こういうことだ。

 

もし子どもが成長して、「タトゥーをいれたい」と言ってきたら、僕はそれにどう答えたらいいんだろう?

 

この想定に、今のところの答えもなんとなくあるんだけどあんまり自信がなくて、気になっているところ。結論も特にないんだけど、思っていることをメモしておきたい。

 

(スポンサーリンク)

?

 

 

僕自身がタトゥーを入れることは、多分死ぬまでないと思う。だけどそれは、確固たる考えがあって、考え抜いた上で決めたことじゃなくて、「なんとなく」である。でも、というか、だからこそ、というか。「なんとなく」というのは根拠がないからこそ揺るぎがないことだったりする。

 

その、「なんとなく揺るがないもの」というのは、実はちょっと気をつけたほうがいい。理由がないからこそ、「その尺度でものごとを測ること」に批判的になることが難しい。

 

「なんとなく揺るがないもの」を突破(というか無視)している人を見ると、不安になるものだ。これはタトゥー以外について考えてもそうだと思う。「日本が好き」っていう気持ちが「なんとなく揺るがないもの」が、「それって別に絶対的な前提じゃないでしょ」っていう価値観と出会うと狼狽するように。

 

だけどその「不安」は、「なんとなく」側が勝手に受け取った「不安」であって、「俺のことを不安にさせんなよ」と、反射的に攻撃したりするのは乱暴なんだろうな、と思う。

 

まだ考えたほうがいいことはいくらでもありそうだけど、今日はここまで。またいつか続きを。

 

(スポンサーリンク)

?

 

www.savacan3rd.com

www.savacan3rd.com

www.savacan3rd.com

 

スポンサーリンク