鯖缶@3rd&forever

2児(娘7歳、息子5歳)の父の雑記ブログです。子育て、英語ネタ、コールセンターあるあるなど。

スポンサーリンク

プレステのコントローラーを手に、サッカー観戦するとクソ楽しい(ウイニングイレブン)

チェンピオンズリーグ(ヨーロッパのクラブチームの頂点を決める大会)を、10年ぶりぐらいに見ている(スカパー加入しました)。

 

かつて(15年ぐらい前)はゲームの「ウイニングイレブン」にハマって、毎シーズン「どの選手を使うか」みたいなことをネチネチと楽しんでいて、その流れで実際のヨーロッパサッカーも浅めに追いかけてたりしてた(当時、地上波でもBSでも結構やってましたよね?僕がよく知らないだけで、今もやってるのかな?)。 

ウイニングイレブン2019 (【特典】myClub用DLC 同梱) - PS4

ウイニングイレブン2019 (【特典】myClub用DLC 同梱) - PS4

 

 

そんな、ウイニングイレブンにハマったことがある人におすすめの、サッカー観戦法がある。

 

もうお分かりですね?

「コントローラーを手に持つ」
「実際の試合を見る」
「選手にあわせて、ショートパス、ロングパス、スルーパス、シュートとかのボタンを押す」

 

力説するけど、これが予想以上に楽しいのである。中毒性が強くて、僕が独裁者だったら法律で禁止するレベルの楽しさ。

 

「パス出すの遅せーよ(=コントローラーを持つ俺はもっと早く出したね)」
「ここは浮き球でスルーでしょ(=俺はL1と△同時押ししたよ*コマンドはうろ覚え)」
「シュートふかした(=□ボタンはチョン押しが基本だろっ)」

 

とか、ファンならではの「過剰な感情移入」からの「言い放題のヤジ」を楽しめる。
スター選手が、僕とまったく同じプレーをした時の興奮を想像してみてほしい。

 

スティーブン・ジェラードと同じタイミングでミドルシュートをドスンとやり、それが決まったりでもしたら、はっきり言って性的絶頂とほとんど変わらない。

 

そして、時として、選手が「ゲームを超える動き」をするのも本当によくわかる。

「ここで、このフリーの選手が見えてるんだ、どんだけ視野広いんだよ」
「このシュートフェイクはコントローラー使ってもムリ」

スターたちへのリスペクトも、否が応にも増すというものだ。


(みたいなことを書いてたら、さっきブッフォンが退場しました。これは、「ジダンの頭突き」みたいな、まさに筋書きのないドラマ。ゲームじゃ演出できない興奮。驚きました。もう続きが書けません。サッカー観戦、またハマるかも)

 

(結局、次の日に続きの記事を書きました。合わせてお読みください↓)

www.savacan3rd.com

 

 

www.savacan3rd.com

www.savacan3rd.com 

スポンサーリンク